ディスクリート グラフィックスの管理では、バッテリーの使用状況と仮想マシンで 3D グラフィックスを使用するアプリケーションのパフォーマンスを管理できます。

始める前に

  • お使いの MacBook Pro に、統合されたグラフィックス カードとディスクリート グラフィックス カードがあることを確認します。ディスクリート グラフィックス管理により、オペレーティング システムが 2 枚のカード間で切り替えを行うことができます。

  • 3D グラフィックスが有効になっていることを確認します。

手順

  1. ウィンドウ > 仮想マシンのライブラリ を選択します。
  2. 仮想マシンのライブラリ ウィンドウで仮想マシンを選択し、設定 をクリックします。
  3. 設定 ウィンドウの [システム設定] で、ディスプレイ をクリックします。
  4. 3D グラフィックスの高速化 チェック ボックスが選択されていることを確認します。
  5. バッテリー寿命 ドロップダウン メニューから、グラフィックス パフォーマンス オプションを選択します。

    オプション

    説明

    高性能グラフィックスを使用しない(バッテリーを節約します)

    バッテリー寿命を最大化します。

    3D アプリケーションにのみ高性能グラフィックスを使用する

    バッテリー寿命と 3D アプリケーションのパフォーマンスのバランスを取ります。

    常に高性能グラフィックスを使用する(バッテリー寿命は短くなります)

    バッテリー寿命を最小化します。