Fusion は、使用するゲスト OS に合わせてハード ディスク バッファリングを自動的に設定しますが、設定を変更することができます。

このタスクについて

ハード ディスク バッファリングを使用すると、仮想マシンのパフォーマンスを向上させることができます。また、ハード ディスク バッファリングは、バッファリングなしで動作するときより Mac ホストのメモリを多く消費する場合があります。Fusion は、仮想マシンのオペレーティング システムに基づいてハード ディスク バッファリングを有効または無効にします。

Windows Vista 以降のすべてのゲスト OS の場合、Fusion では Mac ホストでの I/O はデフォルトでバッファリングされません。このバージョンの Fusion で新しく作成されたすべての Windows 2000、2003、XP、および XP 64 ビットのゲストについても同様です。他のすべてのゲストは、Mac ホストではデフォルトで I/O がバッファリングされます。

オプションについて詳しくない場合は、デフォルトの設定のままにしてください。

手順

  1. ウィンドウ > 仮想マシンのライブラリ を選択します。
  2. 仮想マシンのライブラリ ウィンドウで仮想マシンを選択し、設定 をクリックします。
  3. 設定 ウィンドウの [その他] で、詳細 をクリックします。
  4. ハード ディスク バッファリング メニューからオプションを選択します。

    オプション

    説明

    自動

    Fusion は、オペレーティング システムを判断し、最適なパフォーマンスを得られるバッファリング タイプに応じて、ハード ディスク バッファリングを有効または無効にします。

    有効

    仮想マシンのオペレーティング システムで、バッファリングされた I/O が使用されます。

    無効

    仮想マシンのオペレーティング システムで、バッファリングされていない I/O が使用されます。