VMware Fusion 8.5 | 2016 年 9 月 13 日 | ビルド 4352717

最終更新日:2016 年 9 月 13 日

リリース ノートの追加と更新を確認してください。

リリース ノートの概要

VMware Fusion について

VMware Fusion 8.5 は、最も迅速かつ容易に、Mac 上で Windows およびその他 x86 ベースのオペレーティング システムを再起動なしで実行できるようにする、信頼性に優れたソリューションです。

製品の詳細については、VMware Fusion ドキュメントを参照してください。また、本バージョンの詳細については VMware Fusion 8.0 ドキュメント センターを参照してください。

新機能

このリリースの VMware Fusion はすべての VMware Fusion 8 ユーザーに無料で提供されるアップグレードで、次のオペレーティング システムのサポートが追加されています。

  • macOS Sierra (10.12)
  • Windows 10 Anniversary Update
  • Windows Server 2016

VMware Fusion 8.5 には、さらにバグ修正、セキュリティ アップデートおよびパフォーマンスの改善が含まれています。

以前のリリース

以前にリリースされた VMware Fusion の機能と既知の問題は、各リリース ノートに記載されています。VMware Fusion 8 の以前のリリースについては、該当する次のリリース ノートをご確認ください。

VMware Fusion 8.1.1
VMware Fusion 8.1
VMware Fusion 8.0.2
VMware Fusion 8.0.1
VMware Fusion 8.0

既知の問題

  • macOS 10.12 ホスト OS で複数のモニタをフル スクリーン モードで使用すると、各モニタにフル スクリーン用の領域が作成されるのではなく、別のタブの 1 つの領域に仮想ディスプレイがマージされる

    macOS 10.12 ホスト OS では、Mac マシンに外部モニタが接続されている場合、[すべてのディスプレイをフル スクリーンで使用] オプションを選択して仮想マシンをフル スクリーンに切り替えると、仮想マシンは 1 台のモニタでのみフル スクリーンで表示されます。すべてのモニタで個別の領域が使用されるのではなく、すべての仮想ディスプレイが、タブとして 1 台のモニタにマージされます。表示モードを [シングル ウィンドウ] に戻すと、使用されない黒い領域が残り、Fusion のメニューバーが自動的に非表示になります。

    回避策:macOS 10.12 オペレーティング システムで [システム環境設定] を開き、Dock アイコンをクリックします。[タブでドキュメントを開く] ドロップダウン リストで [手動] を選択します。

  • macOS 10.12 ホスト OS で、仮想マシン内でマウスを使用すると、仮想マシン ウィンドウのタブバーに何も表示されなくなる

    On macOS 10.12 ホスト OS で、ゲスト OS で VMware Tools サービスが稼動していない場合に、実行中の仮想マシン内でマウスを使用すると、仮想マシン ウィンドウのタブバーに何も表示されなくなり、Fusion の [ウィンドウ] > [すべてのウインドウを結合] メニューが仮想マシンで無効になります。この問題は、仮想マシンに VMware Tools がインストールされていない場合、または VMware Tools はインストールされているが、VMware Tools サービスがまだ起動されていない場合に発生します。

    回避策:仮想マシン内で VMware Tools サービスが起動されるまで待ってからマウスを使用します。タブバーに何も表示されなくなった場合、仮想マシン ウィンドウを閉じてもう一度開くと、再び正しく表示されることがあります。

  • 同じ NAT ネットワーク、および同じホスト上の仮想マシンが IPv6 アドレスを介して相互に通信できない

    IPv6 を有効にしてカスタマイズされた NAT ネットワークを設定し、そのネットワークに 2 台の仮想マシンを接続したときに、仮想マシンは IPv6 アドレスを使用して相互に通信することができません。仮想マシンは同じホストに常駐しています。

    回避策:なし

  • Fusion を MacBook Pro 10.1 上で実行する macOS 10.12 で起動した後、内蔵の FaceTime HD カメラが動作を停止する

    macOS 10.12 で Fusion を起動すると、内蔵の FaceTime HD カメラが動作を停止します。この問題は Mac モデル MacBook Pro 10.1 および macOS 10.12 オペレーティング システムに固有です。他の Mac モデル、および OS X 10.11 以前のオペレーティング システムでは発生しません。

    回避策:外部カメラを使用するか、Mac オペレーティング システムを再起動して内蔵の FaceTime HD カメラが動作を再開するようにします。

  • macOS 10.12 で実行する仮想マシンがクラッシュすることがある

    macOS 10.12 で実行する仮想マシンがホストからキーボードまたはマウス入力を取り込もうとすると、クラッシュすることがあります。 

    回避策:なし

解決した問題

  • Windows 仮想マシンの Office アプリケーションが、Mac のメール アプリケーション内にあるメールの添付ファイルを開けないことがある

    仮想マシンの [デフォルト アプリケーション] ペインで [Windows アプリケーションを使用して Mac のファイルおよび Web リンクを開く] オプションがオンになっていても、Windows 仮想マシン内部の Office アプリケーションが Mac のメール アプリケーション内にあるメールの添付ファイルを開けず、「アクセスが拒否されました」というメッセージを返す場合があります。

    この問題は解決されています。

  • VMware Fusion にインポートされた Parallels 11 仮想マシンを起動すると、仮想マシンがクラッシュする

    Parallels 11 仮想マシンを VMware Fusion にインポートした後で、仮想マシンをパワーオンしようとすると、「起動デバイスにアクセスできない」というエラーが表示されて失敗します。

    この問題は解決されています。

  • フル スクリーン ミニバーが画面の端に隠れているとき、その上にカーソルを置いても表示されるようにならない

    この問題は、フル スクリーン モードで、フル スクリーン ミニバーが画面の端に隠れている場合に起こります。[表示] > [フル スクリーン ミニバー] > [自動的に隠す/表示する] を選択した後、ミニバーの上にカーソルを置いてもミニバーが表示されません。

    この問題は解決されています。

  • vCenter Server 5.5 でリモート仮想マシンを作成しようとすると、Fusion がクラッシュする

    vCenter Server 5.5 への接続中に、リモート仮想マシンを作成して vCenter Server で管理されている ESXi 5.5 ホストに保存しようとすると、VMware Fusion がクラッシュします。

    この問題は解決されています。

  • Ubuntu 15.10 以降のゲスト OS で、open-vm-tools の代わりに、バンドルされている VMware Tools バージョンを使用すると、VMware Tools が適切に動作しないことがある

    Ubuntu 15.10 以降のゲスト OS で、open-vm-tools の代わりに、VMware Fusion にバンドルされている VMware Tools バージョンを使用すると、VMware Tools が正常に動作しません。システムを再起動すると、Ubuntu クラッシュ レポートが表示され、VMware Tools のサービスの 1 つが動作を停止することがあります。

    この問題は解決されています。

  • ホストと Mac OS 仮想マシン間で、ドラッグ アンド ドロップの操作が機能しない場合がある

    ホストと Mac OS 仮想マシン間で、ファイルのドラッグ アンド ドロップを実行しようとすると、失敗する場合があります。

    この問題は解決されています。

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon