Horizon 7 では、Linux デスクトップの多くの新機能が導入されます。

Horizon 7.0.3 のリリースでは以下の新機能がサポートされています。

  • オーディオ入力のサポート
  • Ubuntu 16.04 のサポート
  • 複数のモニタをサポートするソフトウェア H.264 エンコーダ
  • すべてのディストリビューションでのクリップボード リダイレクトのサポート
  • RHEL 6.6/6.7/6.8/7.2 Workstation x64 での NVIDIA M6 グラフィック カードによる vGPU のサポート

次のリストでは、Horizon Linux デスクトップの主な機能を示します。

自動化される完全なクローン デスクトップ プール
Horizon 7 バージョン 7.0.2 から、Linux デスクトップの自動化される完全なクローン デスクトップ プールを作成できます。
手動デスクトップ プール
マシン ソース
  • 管理対象仮想マシン - vCenter Server 仮想マシンのマシン ソース。管理対象仮想マシンは、新規およびアップグレードのデプロイにサポートされます。
  • 管理対象外の仮想マシン - 他のソースのマシン ソース。管理対象外の仮想マシンのデプロイからアップグレードする場合のみ、管理対象外の仮想マシンはサポートされます。
注: : 管理対象仮想マシンには、View 接続サーバ 7.0.1 またはそれ以降が必要です。
複数のモニタ
  • vDGA/vGPU デスクトップは、最大 2560x1600 の解像度を 4 台のモニタでサポートします。
  • vSphere 6.0 以降の 2D/vSGA デスクトップは、最大 2048x1536 の解像度を 4 台のモニタでサポートし、最大 2560x1600 の解像度を 3 台のモニタでサポートします。
  • vSphere 5.5 U3 での 2D デスクトップ
    • RHEL/CentOS 6.6/6.7/6.8 および SLED 11 SP3/SP4 は、最大 2560x1600 の解像度を 4 台のモニタでサポートします。
    • Ubuntu 12.04/14.04/16.04、RHEL/CentOS 7.2、および SLES 12 SP1 は、最大 2048x1536 の解像度を 4 台のモニタ、最大 2560x1600 の解像度を 3 台のモニタでサポートします。

Ubuntu 14.04 および 16.04 で複数のモニタをサポートするには、Compiz を無効にする必要があります。詳細については、http://kb.vmware.com/kb/2114809を参照してください。

SLES 12 SP1 では、カーネル レベル kernel-default-3.12.49-11.1 のデフォルト パッケージを使用する必要があります。パッケージをアップグレードしている場合、マルチモニタ機能は動作せず、デスクトップは 1 台のモニタに表示されます。

可逆圧縮 PNG
デスクトップで生成される画像とビデオは、クライアント デバイスで正確なピクセル レベルで表示されます。
ソフトウェア H.264 エンコーダ

H.264 は、特に低い帯域幅ネットワークでは、Horizon デスクトップの Blast Extreme のパフォーマンスを改善できます。クライアント側が H.264 を無効にすると、Blast Extreme は自動的に JPEG/PNG のエンコーディングに戻ります。

Horizon 7 バージョン 7.0.3 では、複数のモニタがサポートされます。

3D グラフィックス
3D グラフィックスは、次の Linux バージョンとグラフィック カードの組み合わせでサポートされます。
  • vSGA は、RHEL 7.2 Workstation x64 と NVIDIA GRID K1 または K2 のグラフィック カードの組み合わせでサポートされます。
  • vDGA は、RHEL 6.6/6.7/6.8 Workstation x64 と NVIDIA GRID K1 または K2 のグラフィック カードの組み合わせでサポートされます。
  • vGPU は、RHEL 6.6/6.7/6.8 Workstation x64 と NVIDIA Maxwell M60 グラフィック カードの組み合わせでサポートされます。
  • vGPU は、RHEL 7.2 Workstation x64 と NVIDIA Maxwell M60 グラフィック カードの組み合わせでサポートされます。
  • vGPU は、RHEL 6.6/6.7/6.8 Workstation x64 と NVIDIA M6 グラフィック カードの組み合わせでサポートされます。
  • vGPU は、RHEL 7.2 Workstation x64 と NVIDIA M6 グラフィック カードの組み合わせでサポートされます。
クリップボード リダイレクト
クリップボード リダイレクトを使用すると、リッチ テキストまたはプレーン テキストをクライアント ホストとリモートの Linux デスクトップ間でコピーおよび貼り付けできます。Horizon Agent のオプションを使用して、コピー/貼り付けの方向と最大テキスト サイズを設定できます。
シングル サインオン
シングル サインオンは、次の Linux バージョンでサポートされます。
  • RHEL 6.6/6.7/6.8 Workstation x64
  • CentOS 6.6/6.7/6.8 x64
  • SLED 11 SP3/SP4 x64
SSO でスマート カード リダイレクト
スマート カード リダイレクトは RHEL 6.6/6.7/6.8 Workstation x64 でサポートされます。Personal Identity Verification (PIV) カードと Common Access Card (CAC) がサポートされます。Mac クライアントはサポートされません。
オーディオ入力
クライアント ホストからリモート Linux デスクトップへのオーディオ入力リダイレクトがサポートされます。この機能は、USB リダイレクト機能をベースにしていません。この機能を有効にするには、インストール中にこの機能を選択する必要があります。また、デバイスでシステムのデフォルト オーディオを設定し、アプリケーションでオーディオ入力に「PulseAudio サーバ(ローカル)」を選択する必要があります。この機能は次のディストリビューションでサポートされます。
  • Ubuntu 14.04 x64
  • Ubuntu 16.04 x64
  • CentOS 7.2 x64
  • RHEL 7.2 workstation x64
Linux デスクトップとデスクトップ プールには次の制限があります。
  • USB リダイレクト、仮想印刷、ロケーションベースの印刷、リアルタイム ビデオはサポートされません。
注: : セキュリティ サーバが利用される場合、社内のファイアウォールでポート 22443 を開き、セキュリティ サーバと Linux デスクトップ間のトラフィックを許可する必要があります。