Linux Agent をインストールすると、インストーラによって VMwareBlastServer の自己署名証明書が生成されます。

  • Blast Security Gateway がブローカーで無効になっているとき、VMwareBlastServer は、この証明書を HTML Access を使用するブラウザに提示して Linux デスクトップに接続します。
  • Blast Security Gateway がブローカーで有効になっているとき、Blast Security Gateway の証明書は、この証明書をブラウザに提示します。

業界またはセキュリティの規制に準拠するために、自己署名証明書に代わって認証局 (CA) が署名した証明書を使用できます。

手順

  1. VMwareBlastServer のプライベート キーと証明書をインストールします。
    1. プライベート キーを rui.key に名前変更し、証明書を rui.crt に名前変更します。
    2. sudo chmod 550 /etc/vmware/ssl を実行します。
    3. rui.crt と rui.key を /etc/vmware/ssl にコピーします。
    4. chmod 440 /etc/vmware/ssl を実行します。
  2. ルート認証局と中間認証局を Linux OS の認証局ストアにインストールします。
    注: : Linux システムの設定変更については、お使いの Linux ディストリビューションのドキュメントを確認してください。