Linux と Active Directory (AD) を統合するためのソリューションは複数あります。

次のソリューションは View 環境で動作することが分かっています。

  • OpenLDAP パススルー認証
  • Winbind

OpenLDAP パススルー認証ソリューションには、おおまかに次のような手順が含まれます。

  • パスワード検証を別のプロセス(saslauthd など)に委任するように OpenLDAP サーバを構成します。saslauthd は Active Directory に対してパスワード検証を実行できます。
  • OpenLDAP でユーザーを認証するように Linux デスクトップを構成します。

Linux デスクトップを一括デプロイする予定がある場合は、最後の Active Directory 統合タスクを実行するようにテンプレート仮想マシン (VM) をセットアップできます。次の考慮事項を認識しておく必要があります。

  • OpenLDAP ソリューションは追加の手順なしでクローン仮想マシンで動作します。
  • Winbind ソリューションでは、各クローン仮想マシンには別のホスト名があるため、ドメインに参加する手順が失敗します。各クローン仮想マシンは、次のコマンドを実行してドメインに再参加する必要があります。
    sudo /usr/bin/net ads join -U <domain user>%<domain password>

winbind ソリューション用のクローンが作成された仮想マシンで、ドメイン参加コマンドを実行するには、次のオプションを使用します。

Linux デスクトップの一括デプロイに関する詳細については、手動デスクトップ プールのためのHorizon 7 の一括デプロイを参照してください。