Horizon Agent の最新バージョンをインストールすることにより、Linux マシンで Horizon Agent をアップグレードできます。

前提条件

  • VMwareBlastServer プロセスが実行されていないことを確認します。

    このプロセスを停止するには、ユーザーがマシンからログオフしていて、アクティブなデスクトップ セッションがないことを確認するか、マシンを再起動します。

手順

  1. VMware ダウンロード サイト (https://my.vmware.com/web/vmware/downloads) から、最新の Linux 版 Horizon Agent インストーラ ファイルをダウンロードします。
    [Desktop & End-User Computing] にある VMware Horizon 7 のダウンロードを選択します。このダウンロードには、Linux 版 Horizon Agent のインストーラが含まれます。

    インストーラ ファイル名は、64 ビット Linux で VMware-viewagent-linux-x86_64-y.y.y xxxxxxx.tar.gz です。y.y.y はバージョン番号、xxxxxxx はビルド番号です。

  2. お使いの Linux ディストリビューションの tar ボールをゲスト OS に展開します。
    例:
    tar -xzvf <View Agent の tar ボール>
  3. tar ボール フォルダに移動します。
  4. install_viewagent.sh スクリプトを実行し、以下の展開シナリオの 1 つを使用して非管理対象仮想マシンをアップグレードします。
    オプション 説明
    非管理対象仮想マシン展開をアップグレードし、非管理対象仮想マシン展開を保持する
    sudo ./install_viewagent.sh -A yes -M no
    非管理対象仮想マシン展開をアップグレードし、管理対象仮想マシン展開に変更する
    sudo ./install_viewagent.sh -A yes -M yes
    注: : View Administrator で、非管理対象仮想マシン展開用の既存のデスクトップ プールを削除し、管理対象仮想マシン展開用の新しいデスクトップ プールを作成します。詳細については、 Linux 版手動デスクトップ プールの作成を参照してください。
    管理対象仮想マシン展開をアップグレードする
    sudo ./install_viewagent.sh -A yes -M yes
    注: : アップグレード後、既存のデスクトップ プールを再利用できます。