Linux 仮想マシンをリモート デスクトップとして展開できるようにするには、Horizon Agent を Linux 仮想マシンにインストールする必要があります。

Horizon 7.0.1 のリリースで、Linux 版 Horizon Agent は、vCenter Server の管理対象仮想マシンを使用します。管理対象仮想マシンは、次の機能強化を提供します。

  • vCenter Server は、Linux デスクトップ デプロイ環境では必須要件です。
  • Linux での Horizon Agent のインストールには、登録は必要ありません。
  • ほとんどの Linux デスクトップ デプロイ環境では、ベース仮想マシンに Horizon Agent をインストールできます。
注意: : NVIDIA GRID vGPU、vDGA、または vSGA を使用する場合には、Horizon Agent をインストールする前に、Linux 仮想マシンでこれらの 3D 機能を構成する必要があります。Horizon Agent を最初にインストールしてしまうと、 xorg.conf ファイルの必須パラメータが上書きされ、3D グラフィックス機能が動作しません。

vGPU を使用するための RHEL 6.6/6.7/6.8 と RHEL 7.2 の構成vDGA を使用するための RHEL 6.6/6.7/6.8 の構成、またはvSGA を使用するための RHEL 7.2 の構成を参照してください。3D グラフィックスの構成が完了したら、Horizon Agent をインストールします。

2D グラフィックスを構成する場合は、リモート デスクトップ デプロイ用の Linux マシンの準備の手順を完了した後に Horizon Agent をインストールできます。

前提条件

手順

  1. VMware ダウンロード サイト (https://my.vmware.com/web/vmware/downloads) から、Linux 版 Horizon Agent インストーラ ファイルをダウンロードします。
    [Desktop & End-User Computing] にある VMware Horizon 7 のダウンロードを選択します。このダウンロードには、Linux 版 Horizon Agent のインストーラが含まれます。

    y.y.y がバージョン番号で、xxxxxxx がビルド番号の場合、インストーラ ファイル名は、64 ビット Linux で VMware-horizonagent-linux-x86_64-y.y.y-xxxxxxx.tar.gz です。

  2. お使いの Linux ディストリビューションの tar ボールをゲスト OS に展開します。
    例:
    tar -xzvf <View Agent の tar ボール>
  3. tar ボール フォルダに移動します。
  4. install_viewagent.sh スクリプトをスーパーユーザーとして実行します。
    コマンドライン オプションのリストについては、 install_viewagent.sh コマンドライン オプションを参照してください。
    例:
    sudo ./install_viewagent.sh 
    
  5. -A オプションを指定せずに install_viewagent.sh を実行する場合、Yes と入力して EULA に同意します。
    EULA に同意しない限りインストーラは実行されません。
  6. Linux を再起動して変更を有効にします。

結果

インストール後に、 viewagent サービスは開始されます。サービスが、 sudo service viewagent statusを使用して開始されたことを確認します。

次のタスク

デスクトップ プールに仮想マシンをデプロイします。Linux 版手動デスクトップ プールの作成を参照してください。