Active Directory 内のリモート デスクトップおよび RDS ホストで Microsoft リモート デスクトップ サービスのグループ ポリシー設定を構成して、クライアント ドライブ リダイレクトを無効にできます。

クライアント ドライブ リダイレクトの詳細については、特定のタイプのデスクトップ クライアント デバイスに関する『VMware Horizon Client の使用』ドキュメントを参照してください。https://www.vmware.com/support/viewclients/doc/viewclients_pubs.htmlをご覧ください。

注: : この設定により、クライアント ドライブ リダイレクト機能を有効にするローカル レジストリおよび スマート ポリシー 設定がオーバーライドされます。

前提条件

お使いの View デプロイで DMZ ベースのセキュリティ サーバと社内ネットワークの間にバックエンド ファイアウォールが置かれている場合は、バックエンド ファイアウォールがお使いの単一ユーザーおよび RDS デスクトップのポート 9427 へのトラフィックを許可していることを確認します。クライアント ドライブ リダイレクトをサポートするには、ポート 9427 での TCP 接続が必要です。

Horizon Client 4.2 または Horizon 7 バージョン 7.0.2 以降では、クライアント ドライブ リダイレクトによって仮想チャネルを介してデータが転送されるため、VMware Blast Extreme が有効になっている場合、ポート 9427 を開く必要はありません。

手順

  1. グループ ポリシー エディタで、[コンピュータの構成\ポリシー\管理用テンプレート\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\デバイスとリソースのリダイレクト]の順に移動します。
    これは、Windows Server 2012 の Active Directory におけるナビゲーション パスです。他の Windows オペレーティング システムではナビゲーション パスは異なります。
  2. [ドライブ リダイレクトを許可しない] グループ ポリシー設定を有効にします。