View Persona Management を使用して、さまざまな設定の既存のユーザー プロファイルを View デスクトップに移行できます。プロファイルの移行が完了した後にユーザーが View デスクトップにログインすると、レガシー システムで使用していた個人設定と個人データが提示されます。

ユーザー プロファイルを移行することにより、次のデスクトップの移行目標を達成することができます。

  • Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012 R2 View デスクトップを Windows 10 View デスクトップにアップグレードできます。
  • ユーザーのシステムをレガシーの Windows XP から Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012 R2 にアップグレードし、ユーザーを物理コンピュータから View に初めて移行することができます。
  • レガシー Windows XP View デスクトップを Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012 R2 View デスクトップにアップグレードできます。
  • オペレーティング システムをアップグレードしなくても、物理コンピュータから View デスクトップに移行することができます。

これらのシナリオをサポートするために、View Persona Management には、View Agent 5.x がインストールされていない物理マシンまたは仮想マシン用のプロファイル移行ユーティリティおよびスタンドアロン View Persona Management インストーラが用意されています。

重要: : View Agent 6.1 以降のリリースでは、Windows XP および Windows Vista デスクトップはサポートされていません。これらのゲスト OS をサポートしている最後の View リリースは View Agent 6.0.2 です。Windows XP および Vista に関して Microsoft と拡張サポート契約を行っているお客様、およびこれらのゲスト OS システムに関して VMware と拡張サポート契約を行っているお客様は、View 接続サーバ 6.1 を使用して Windows XP および Vista デスクトップの View Agent 6.0.2 バージョンをデプロイできます。

View ユーザー プロファイル移行ユーティリティを使用して、レガシー Windows XP デスクトップ デプロイから、将来の View リリースで継続的にサポートされるデスクトップ デプロイへの移行で重要なタスクを実行できます。

表 1 では、さまざまな移行シナリオと、各シナリオで実行するタスクの概要を示しています。

表 1. ユーザー プロファイルの移行シナリオ
移行元の展開 移行先の展開 実行するタスク:
Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012 R2 View デスクトップ Windows 10 View デスクトップ
  1. View Persona Management を使用して、ユーザー向けの Windows 10 View デスクトップを構成します。View Persona Management 展開の構成を参照してください。
    注: : 手順 2 を完了するまで、Windows 10 View デスクトップをユーザーに公開しないでください。
  2. View V2 から V5 へのプロファイル移行ユーティリティを実行します。
    • 移行元プロファイルについては、既存の Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012 R2 View デスクトップのリモート プロファイル リポジトリを指定します。
    • 移行先プロファイルについては、Windows 10 View デスクトップ用に構成したリモート プロファイル リポジトリを指定します。

    詳細については、『View ユーザー プロファイル移行ガイド』を参照してください。

  3. ユーザーが Windows 10 View デスクトップにログインできるようにします。
Windows XP 物理コンピュータ Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012 R2 View デスクトップ
  1. View Persona Management を使用して、ユーザー向けに Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012 R2 View デスクトップを構成します。View Persona Management 展開の構成を参照してください。
    注: : 手順 2 を完了するまで、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012 R2 View デスクトップをユーザーに公開しないでください。
  2. View V1 から V2 へのプロファイル移行ユーティリティを実行します。
    • 移行元プロファイルについては、Windows XP 物理コンピュータのローカル プロファイルを指定します。
    • 移行先プロファイルについては、View 展開用に構成したリモート プロファイル リポジトリを指定します。

    詳細については、『View ユーザー プロファイル移行ガイド』を参照してください。

  3. ユーザーが Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012 R2 View デスクトップにログインできるようにします。
移動ユーザー プロファイル ソリューションを使用する Windows XP 物理コンピュータまたは仮想マシン。たとえば、展開で次のいずれかのソリューションを使用している場合があります。
  • View Persona Management
  • RTO Virtual Profile
  • Windows 移動プロファイル

このシナリオでは、元のユーザー プロファイルはリモート プロファイル リポジトリに保持されている必要があります。

Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012 R2 View デスクトップ
  1. View Persona Management を使用して、ユーザー向けに Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012 R2 View デスクトップを構成します。View Persona Management 展開の構成を参照してください。
    注: : 手順 2 を完了するまで、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012 R2 View デスクトップをユーザーに公開しないでください。
  2. View V1 から V2 へのプロファイル移行ユーティリティを実行します。
    • 移行元プロファイルについては、Windows XP システムのリモート プロファイル リポジトリを指定します。
    • 移行先プロファイルについては、View 展開用に構成したリモート プロファイル リポジトリを指定します。

    詳細については、『View ユーザー プロファイル移行ガイド』を参照してください。

  3. ユーザーが Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012 R2 View デスクトップにログインできるようにします。
Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012 R2 物理コンピュータまたは仮想マシン。

レガシー システムには、View Agent 5.x をインストールすることはできません。

Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012 R2 View デスクトップ
  1. View Persona Management を使用して、ユーザー向けに Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012 R2 View デスクトップを構成します。View Persona Management 展開の構成を参照してください。
  2. Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2012 R2 システムに、スタンドアロン View Persona Management ソフトウェアをインストールします。スタンドアロン View Persona Management をインストールするを参照してください。
  3. View デスクトップと同じリモート プロファイル リポジトリを使用するように、レガシー Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2012 R2 システムを構成します。ユーザー プロファイル リポジトリ の構成を参照してください。

    最も簡単なのは、Active Directory で View Persona Management の同じグループ ポリシー設定を使用して、レガシー システムと View デスクトップの両方を管理する方法です。View Persona Management の ADM または ADMX テンプレート ファイルの追加を参照してください。

  4. Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2012 R2 View デスクトップをユーザーに公開します。