複数の NIC を使用する仮想マシンに Horizon Agent をインストールするときは、Horizon Agent が使用するサブネットを設定する必要があります。サブネットによって、クライアント プロトコル接続のために Horizon Agent が接続サーバ インスタンスに提供するネットワーク アドレスが決まります。

手順

Horizon Agent がインストールされている仮想マシンで、コマンド プロンプトを開き、regedit.exe と入力します。次に、サブネットを構成するためのレジストリ エントリを作成します。
たとえば、IPv4 ネットワークの場合は HKLM\Software\VMware, Inc.\VMware VDM\IpPrefix = n.n.n.n/m (REG_SZ) のようにします。
この例で、 n.n.n.n は TCP/IP サブネットで、 m はサブネット マスクのビット数です。
注: : Horizon 6 バージョン 6.1 よりも前のリリースでは、このレジストリ パスが HKLM\Software\VMware, Inc.\VMware VDM\Node Manager\subnet = n.n.n.n/m (REG_SZ) でした。この古いレジストリ設定は、View Agent 6.1 以降で使用されません。以前のリリースからバージョン 6.1 以降に View Agent をアップグレードする場合は、現在のレジストリ設定を使用してください。