View Administrator を使用して、クライアント セッションのポリシーを構成できます。

これらのポリシーを設定して、特定のユーザー、特定のデスクトップ プール、またはすべてのクライアント セッション ユーザーに適用できます。特定のユーザーとデスクトップ プールに適用するポリシーは、ユーザー レベルのポリシーおよびデスクトップ プール レベルのポリシーと呼ばれます。すべてのセッションとユーザーに適用するポリシーはグローバル ポリシーと呼ばれます。

ユーザー レベルのポリシーでは、対応するデスクトップ プール レベルのポリシー設定から設定が継承されます。同様に、デスクトップ プール レベルのポリシーでは、対応するグローバル ポリシー設定から設定が継承されます。デスクトップ プール レベルのポリシー設定は、対応するグローバル ポリシー設定より優先されます。ユーザー レベルのポリシー設定は、対応するグローバル ポリシー設定およびデスクトップ プール レベルのポリシー設定より優先されます。

低いレベルのポリシー設定は、対応する高いレベルの設定より、制限を厳しくすることも緩くすることもできます。たとえば、グローバル ポリシーを [拒否] に設定し、対応するデスクトップ プール レベルのポリシーを [許可] に設定することも、この逆に設定することもできます。

注: : RDS デスクトップおよびアプリケーション プールでは、グローバル ポリシーのみを使用できます。RDS デスクトップおよびアプリケーション プールに対して、ユーザー レベル ポリシーまたはプール レベル ポリシーを設定することはできません。