グループ ポリシーの設定を使用してシリアル ポート リダイレクトを構成し、リダイレクトされた COM ポートをユーザーがどの程度カスタマイズできるかを制御できます。選択肢は社内のユーザーのロールとサードパーティ アプリケーションによって異なります。

グループ ポリシー設定の詳細については、シリアル ポート リダイレクトのグループ ポリシー設定を参照してください。

  • ユーザーが同じサードパーティ アプリケーションと COM ポート デバイスを使用している場合は、リダイレクトされたポートが同じように構成されていることを確認します。たとえば、POS(販売時点情報管理)デバイスを使用する銀行や小売店では、すべての COM ポート デバイスがクライアント エンドポイントの同じポートに接続され、すべてのポートがリモート デスクトップ上の同じリダイレクトされた COM ポートにマップされていることを確認してください。

    クライアント ポートをリダイレクトされたポートへマップするには、[PortSettings] ポリシー設定を設定します。各デスクトップ セッションの開始時に、[PortSettings][自動接続]の項目を選択し、リダイレクトされたポートが接続されていることを確認してください。ユーザーがポート マッピングを変更したり、ポートの構成をカスタマイズできないようにするには、[構成のロック] ポリシー設定を有効にします。このシナリオでは、ユーザーは手動で接続や切断を行う必要がなく、ユーザーが誤ってリダイレクトされた COM ポートがサードパーティ アプリケーションにアクセスできないようにしてしまうことを防ぎます。

  • ユーザーが各種のサードパーティ アプリケーションを使用するナレッジ ワーカーで、クライアント マシンでローカルに COM ポートを使用する可能性がある場合、ユーザーがリダイレクトされた COM ポートから接続および切断を行えるようにする必要があります。

    デフォルトのポート マッピングが間違っている場合は、[PortSettings] ポリシー設定を設定できます。ユーザーの要件に応じて、[自動接続] の項目を設定する場合としない場合があります。[構成のロック] ポリシー設定は有効にしません。

  • サードパーティ アプリケーションがリモート デスクトップにマップされている COM ポートを開くことを確認します。

  • デバイスに使用中のボーレートがサードパーティ アプリケーションが使用しようとしているボーレートと一致することを確認します。
  • クライアント システムからリモート デスクトップへ最大 5 個の COM ポートをリダイレクトできます。