Windows Defender を無効にすると、ファイル システムに対する一部の I/O 操作が回避されるため、インスタント クローンの仮想ディスクまたは View Composer リンク クローンの仮想ディスクの拡大を抑えることができます。

Windows Defender が仮想マシンにインストールされている唯一のスパイウェア対策ソフトウェアである場合は、環境内のデスクトップで Windows Defender をアクティブなままにすることもできます。

次の手順は、Windows 7 および Windows 8 に適用されます。別の Windows オペレーティング システムでは手順が異なる可能性があります。

手順

  1. vSphere Client で、親仮想マシンを選択し、[コンソールを開く] を選択します。
  2. 管理者としてログインします。
  3. [スタート] をクリックし、プログラムとファイルの検索ボックスに「Windows Defender」と入力します。
  4. [ツール] > [オプション] > [管理者] をクリックします。
  5. [このプログラムを使用する] の選択を解除し、[保存] をクリックします。