フル仮想マシンまたは View Composer リンク クローンの手動デスクトップ プールおよび自動デスクトップ プールの場合は、デスクトップのユーザー割り当てについて流動または専用ユーザー割り当てを選択できます。インスタントクローン デスクトップ プールの場合は、流動ユーザー割り当てのみを選択できます。

専用割り当ての場合、各デスクトップが特定のユーザーに割り当てられます。初めてログインしたユーザーは、別のユーザーに割り当てられていないデスクトップを受け取ります。その後、このユーザーはログインすると必ずこのデスクトップを受け取り、他のユーザーがこのデスクトップを使うことはできません。

流動割り当ての場合、ユーザーはログインするたびにランダムなデスクトップを受け取ります。ユーザーがログオフすると、デスクトップはプールに戻されます。

インスタント クローンでは、ユーザーのログアウト時に必ずデスクトップが現在のイメージから削除され、再作成されます。View Composer リンク クローンでは、ユーザーのログアウト時に流動割り当てマシンが削除されるように構成できます。自動削除を使用すると、同時に必要な数だけ仮想マシンを保持できます。

流動割り当てを使用すると、ソフトウェア ライセンス コストを削減できる場合があります。