リンク クローン デスクトップ プールを作成するときに、View Administrator の [デスクトップ プールを追加] ウィザードで特定のオプションを構成するよう求められます。このワークシートを使用して、プールを作成する前に構成オプションを準備します。

このワークシートを印刷し、[デスクトップ プールを追加] ウィザードを実行するときに、希望する値を記入することができます。

リンク クローン プールを作成する前に、vCenter Server を使用して、プールのために準備する親仮想マシンのスナップショットを作成する必要があります。スナップショットを作成する前に親仮想マシンをシャットダウンする必要があります。View Composer は、クローンを作成するための基本イメージとしてスナップショットを使用します。
注: : 仮想マシン テンプレートからリンク クローン プールを作成することはできません。
表 1. ワークシート:リンク クローン デスクトップ プールを作成するための構成オプション
オプション 説明 値をここに記入
ユーザー割り当て ユーザー割り当てのタイプを選択します。
  • 専用割り当てプールでは、各ユーザーがマシンに割り当てられます。ユーザーは、ログインするたびに同じマシンを受け取ります。
  • 流動割り当てプールでは、ユーザーは、ログインするたびに異なるマシンを受け取ります。

詳細については、以下を参照してください。デスクトップ プールでのユーザー割り当て

自動割り当てを有効にする 専用割り当てプールでは、マシンはユーザーが最初にプールにログインするときに割り当てられます。マシンをユーザーに明示的に割り当てることもできます。

自動割り当てを有効にしない場合は、マシンを各ユーザーに明示的に割り当てる必要があります。

vCenter Server プール内の仮想マシンを管理する vCenter Server を選択します。
デスクトップ プール ID View Administrator でプールを識別する一意の名前。

環境内で複数の View 接続サーバ構成を実行している場合は、別の View 接続サーバ構成で同じプール ID を使用していないことを確認します。

View 接続サーバ構成は、スタンドアロンの View 接続サーバ インスタンスまたは View LDAP 構成を共有する複製されたインスタンスのポッドの場合があります。

表示名 クライアント デバイスからログインするときにユーザーに表示されるプール名。表示名を指定しない場合は、プール ID がユーザーに表示されます。
アクセス グループ プールを配置するアクセス グループを選択するか、プールをデフォルトのルート アクセス グループに残します。

アクセス グループを使用する場合は、プールの管理を特定のロールを持つ管理者に委任できます。詳細については、『View の管理』のロール ベースの委任管理についての章を参照してください。

注: : アクセス グループは、デスクトップとして使用される仮想マシンを格納する vCenter Server フォルダとは異なります。vCenter Server フォルダは、他の vCenter Server 設定とともにウィザード内で後で選択します。
ログオフ時にマシンを削除または更新 流動ユーザー割り当てを選択する場合は、ユーザーがログオフした後にマシンを更新するか、マシンを削除するか、または何もしないかを選択します。
注: : このオプションは、[デスクトップ プールの設定] ページで設定します。
デスクトップ プールの設定 マシンの状態、仮想マシンが使用中でないときの電源ステータス、表示プロトコル、Adobe Flash 品質などを決定する設定。

説明については、すべてのデスクトップ プール タイプのデスクトップ プール設定を参照してください。

リンク クローン プールに適用される設定のリストについては、リンク クローン デスクトップ プールのデスクトップ プール設定を参照してください。

電源ポリシーおよび自動プールの詳細については、デスクトップ プールの電源ポリシーの設定を参照してください。

エラーによりプロビジョニングを停止 仮想マシンのプロビジョニング中にエラーが発生した後で、デスクトップ プールの仮想マシンのプロビジョニングを停止するか続行するかを View に指示できます。この設定を選択した状態にしておくと、複数の仮想マシンでプロビジョニング エラーが繰り返されるのを防ぐことができます。
Virtual machine naming(仮想マシンの名前付け) マシン名のリストを手動で指定してマシンをプロビジョニングするか、それとも名前付けパターンとマシンの総数を指定してマシンをプロビジョニングするかを選択します。

詳細については、以下を参照してください。マシンの手動での名前付けまたは名前付けパターンの指定

名前を手動で指定 名前を手動で指定する場合は、マシン名のリストと、必要に応じて関連するユーザー名を準備します。
Naming pattern(名前付けパターン) この名前付け方法を使用する場合は、パターンを指定します。

指定したパターンをすべてのマシン名のプレフィックスとして使用し、その後に各マシンを識別するための一意の番号を付けます。

詳細については、以下を参照してください。自動デスクトップ プールでの名前付けパターンの使用

マシンの最大数 名前付けパターンを使用する場合は、プール内のマシンの総数を指定します。

プールを最初に作成するときに、プロビジョニングするマシンの最小数を指定することもできます。

スペアの(パワーオン状態の)マシンの数 名前を手動で指定する場合、または名前付けパターンを使用する場合は、新しいユーザーのために可用性とパワーオン状態を維持しておくマシンの数を指定します。詳細については、以下を参照してください。マシンの手動での名前付けまたは名前付けパターンの指定

名前を手動で指定する場合、このオプションの名称は [パワーオン状態の未割り当てのマシン数] です。

View Composer のメンテナンス操作中における(プロビジョニング済み)動作可能マシンの最小数 名前を手動で指定するか名前付けパターンを使用する場合は、View Composer のメンテナンス操作中に、リモート デスクトップ セッションで使用するようにプロビジョニングされるマシンの最小数を指定します。

この設定を使用すると、View Composer がプールにあるマシンを更新、再構成、または再調整するときに、ユーザーは既存の接続を維持したり、新しい接続要求を行ったりできます。この設定では、新しい接続の受け入れ準備ができているスペア マシンと既存のデスクトップ セッションですでに接続されているマシンは区別されません。

この値は、オンデマンドでマシンをプロビジョニングする場合に指定する [マシンの最大数] より小さくなければなりません。

View Composer の操作時に、リモート デスクトップ セッションで使用するようにプロビジョニングされたリンククローン マシンを維持するを参照してください。

オンデマンドでマシンをプロビジョニング

または

全マシンを事前にプロビジョニング

名前付けパターンを使用する場合は、プールが作成されたときにすべてのマシンをプロビジョニングするか、必要に応じてマシンをプロビジョニングするかを選択します。
  • [全マシンを事前にプロビジョニング]。プールが作成されたときに、システムは、[マシンの最大数] で指定した数のマシンをプロビジョニングします。
  • [オンデマンドでマシンをプロビジョニング]。プールが作成されたときに、システムは、[マシンの最小数] で指定した数のマシンを作成します。ユーザーがプールに初めて接続したとき、またはマシンをユーザーに割り当てたときに追加のマシンが作成されます。
マシンの最小数 名前付けパターンを使用し、必要に応じてデスクトップをプロビジョニングする場合は、プール内のマシンの最小数を指定します。

システムは、プールが作成されたときに最小数のマシンを作成します。この数は、[ログオフ時にマシンを削除または更新] などの設定によってマシンが削除される場合でも保持されます。

Windows プロファイルを通常ディスクにリダイレクト 専用ユーザー割り当てを選択する場合は、Windows ユーザー プロファイル データを別個の View Composer 通常ディスクに格納するか、OS データと同じディスクに格納するかを選択します。

別個の通常ディスクを使用すると、ユーザー データおよび設定を保持できます。View Composer の更新、再構成、および再分散操作は、通常ディスクに影響を与えません。通常ディスクをリンク クローンから切断し、切断されたディスクからリンク クローン仮想マシンを再作成することができます。たとえば、マシンまたはプールが削除されたとき、通常ディスクを切断しデスクトップを再作成して、元のユーザー データおよび設定を保持することができます。

Windows プロファイルを OS ディスクに格納する場合、ユーザー データおよび設定は、更新、再構成、および再分散操作時に削除されます。

Disk size and drive letter for persistent disk(通常ディスクのディスク サイズおよびドライブ文字) 別個の View Composer 通常ディスクにユーザー プロファイル データを格納する場合は、ディスク サイズ(メガバイト単位)とドライブ文字を指定します。
注: : 親仮想マシンにすでに存在するドライブ文字、またはネットワーク マウントされたドライブに使用されているドライブ文字と競合するドライブ文字は選択しないでください。
ディスポーザブル ファイルのリダイレクト ゲスト OS のページング ファイルと一時ファイルを別の読み取り専用ディスクにリダイレクトするかどうかを選択します。リダイレクトする場合は、ディスク サイズをメガバイト単位で指定します。

この構成では、リンク クローンがパワーオフされると、破棄可能ファイル ディスクは、リンク クローン プールで作成された元のディスクのコピーに置き換わります。ユーザーがデスクトップを操作するたびに、リンク クローンのサイズが増える可能性があります。破棄可能ファイルのリダイレクトにより、リンク クローンの拡大を抑えることで、ストレージ領域を節約できます。

Disk size and drive letter for disposable file disk(破棄可能ファイル ディスクのディスク サイズおよびドライブ文字) 破棄可能ファイルを読み取り専用ディスクにリダイレクトする場合は、ディスク サイズ(MB)とドライブ文字を指定します。

ディスク サイズは、ゲスト OS のページ ファイル サイズよりも大きくしてください。ページ ファイル サイズの決定については、View Composer 親仮想マシンのページング ファイル サイズの記録を参照してください。

破棄可能ファイル ディスクのサイズを構成する場合は、フォーマットされたディスク パーティションの実際のサイズが、View Administrator で指定した値よりわずかに小さいことを考慮してください。

破棄可能ファイル ディスクのドライブ文字は選択できます。デフォルト値の [自動] を使用すると、View でドライブ文字を割り当てます。

注: : 親仮想マシンにすでに存在するドライブ文字、またはネットワーク マウントされたドライブに使用されているドライブ文字と競合するドライブ文字は選択しないでください。
vSphere Virtual SAN を使用する 可能な場合、VMware Virtual SAN を使用するかどうかを指定します。Virtual SAN はソフトウェア定義のストレージ階層で、ESXi ホストのクラスタで使用可能なローカル物理ストレージ ディスクを仮想化します。詳細については、高パフォーマンス ストレージとポリシー ベース管理のための Virtual SAN の使用を参照してください。
通常ディスクおよび OS ディスク用に別のデータストアを選択します。 (Virtual SAN を使用しない場合にのみ使用可能)ユーザー プロファイルを別の通常ディスクにリダイレクトすると、通常ディスクおよび OS ディスクを別のデータストアに格納できます。
レプリカおよび OS ディスク用に別のデータストアを選択します (Virtual SAN または Virtual Volumes を使用しない場合にのみ使用可能)レプリカ(マスタ)仮想マシン ディスクを高パフォーマンスのデータストアに格納し、リンク クローンを別のデータストアに格納できます。

詳細については、以下を参照してください。インスタント クローンおよび View Composer リンク クローン用の別のデータストアへのレプリカおよびクローンの格納

レプリカおよび OS ディスクを別のデータストアに格納すると、ネイティブ NFS スナップショットが使用できなくなります。NAS デバイス上のネイティブ クローン作成を実行できるのは、レプリカおよび OS ディスクが同じデータストアに格納されている場合のみです。

親仮想マシン プールの親仮想マシンを選択します。
スナップショット(デフォルト イメージ) プールの基本イメージとして使用する親仮想マシンのスナップショットを選択します。

vCenter Server からスナップショットと親仮想マシンを削除しないようにしてください。ただし、プール内のリンク クローンがデフォルト イメージを使用せず、このデフォルト イメージから今後リンク クローンを作成することがない場合は削除しても構いません。システムでは、プール ポリシーに従ってプール内に新しいリンク クローンをプロビジョニングするために、親仮想マシンおよびスナップショットが必要です。親仮想マシンとスナップショットは、View Composer の保守作業にも必要です。

仮想マシンのフォルダの場所 デスクトップ プールが配置される vCenter Server 内のフォルダを選択します。
Host or cluster(ホストまたはクラスタ) デスクトップ仮想マシンが実行される ESXi ホストまたはクラスタを選択します。

Virtual SAN データストア(vSphere 5.5 Update 1 の機能)では、最大 20 個までの ESXi ホストを持つクラスタを選択できます。Virtual Volumes データストア(vSphere 6.0 の機能)では、最大 32 個までの ESXi ホストを持つクラスタを選択できます。

vSphere 5.1 以降では、レプリカが VMFS5 以降のデータストアまたは NFS データストアに保存されている場合、最大で 32 台の ESXi ホストでクラスタを選択できます。VMFS5 より前の VMFS バージョンにレプリカを保存する場合、クラスタは最大で 8 ホストを持つことができます。

vSphere 5.0 では、レプリカが NFS データストアに保存されている場合、8 を超える ESXi ホストでクラスタを選択できます。レプリカを VMFS データストアに保存する場合、クラスタは最大で 8 つのホストを持つことができます。8 台を超えるホストを含むクラスタでのデスクトップ プールの構成を参照してください。

Resource pool(リソース プール) デスクトップ プールが配置される vCenter Server リソース プールを選択します。
データストア デスクトップ プールを格納するデータストアを 1 つ以上選択します。

[デスクトップ プールを追加] ウィザードの [リンク クローンのデータストアを選択] ページにある表は、プールのストレージ要件を見積もるための大まかなガイドラインを提供します。これらのガイドラインは、リンク クローン ディスクを格納するための十分な大きさがあるデータストアを特定するのに役立ちます。詳細については、以下を参照してください。インスタントクローンおよび View Composer リンククローン デスクトップ プールのストレージ サイズ設定

個別の ESXi ホストまたは ESXi クラスタに、共有またはローカル データストアを使用できます。ESXi クラスタでローカル データストアを使用する場合は、デスクトップの展開で課せられる vSphere インフラストラクチャの制約を考慮する必要があります。ローカル データストアへの View Composer リンク クローンの保存を参照してください。

Virtual SAN データストア(vSphere 5.5 Update 1 の機能)では、最大 20 個までの ESXi ホストを持つクラスタを選択できます。Virtual Volumes データストア(vSphere 6.0 の機能)では、最大 32 個までの ESXi ホストを持つクラスタを選択できます。

vSphere 5.1 以降では、VMFS5 以降または NFS であるデータストアにレプリカが保存されている場合、クラスタは 8 台を超える ESXi ホストを持つことができます。vSphere 5.0 では、レプリカが NFS データストアに保存されている場合、クラスタは 8 台を超える ESXi ホストを持つことができます。8 台を超えるホストを含むクラスタでのデスクトップ プールの構成を参照してください。

リンク クローン用に作成されるディスクの詳細については、View Composer リンククローン データ ディスクを参照してください。

注: : Virtual SAN を使用する場合、データストアを 1 つのみ選択します。
ストレージ オーバーコミット 各データストアでリンク クローンを作成する際のストレージ オーバーコミット レベルを決定します。

レベルを高くすると、データストアに割り当てられるリンク クローンの数が増加し、個々のクローンの増大に予約される領域は小さくなります。ストレージ オーバーコミットのレベルを高くすると、データストアの物理ストレージ上限を超える合計論理サイズを持つリンク クローンを作成できます。詳細については、以下を参照してください。リンククローン仮想マシンのストレージのオーバーコミット レベルの設定

注: : Virtual SAN を使用する場合、この設定は効果がありません。
View Storage Accelerator を使用 ESXi ホストが共通の仮想マシン ディスク データをキャッシュできるようにする View Storage Accelerator を使用するかどうかを指定します。View Storage Accelerator を使用することで、多数の起動とウイルス対策スキャンの I/O ストームを管理する際のパフォーマンスが向上し、追加のストレージ I/O 帯域幅の必要性が少なくなります。

この機能は vSphere 5.0 以降でサポートされています。

この機能は、デフォルトで有効になっています。

詳細については、以下を参照してください。View Composer リンク クローン用の View Storage Accelerator の構成

ネイティブ NFS スナップショット(VAAI)を使用 (Virtual SAN を使用しない場合にのみ使用可能) vStorage APIs for Array Integration (VAAI) をサポートする NAS デバイスが展開内に含まれている場合、ネイティブ スナップショット テクノロジーを使用して仮想マシンのクローンを作成できます。

この機能を使用できるのは、VAAI を介したネイティブ クローン作成操作サポートする NAS デバイスに存在するデータストアを選択した場合だけです。

レプリカと OS ディスクを別々のデータストアに格納している場合、この機能は使用できません。領域効率の高いディスクのある仮想マシンでは、この機能は使用できません。

この機能は vSphere 5.0 以降でサポートされています。

詳細については、以下を参照してください。View Composer リンク クローン用の VAAI ストレージの使用

VM ディスク スペースを再利用 (Virtual SAN または Virtual Volumes を使用しない場合にのみ使用可能)ESXi ホストがスペース効率的なディスク形式でフォーマットされたリンク クローンの未使用ディスク領域を再利用できるようにするかどうかを決定します。 領域再利用機能により、リンク クローン デスクトップに必要なストレージ容量が削減されます。

この機能は vSphere 5.1 以降でサポートされています。リンク クローン仮想マシンは、仮想ハードウェア バージョン 9 以降である必要があります。

詳細については、以下を参照してください。View Composer リンク クローンでのディスク領域の再利用

仮想マシンの未使用領域が次の値を超えると再利用が開始されます。 (Virtual SAN または Virtual Volumes を使用しない場合にのみ使用可能)領域再利用のトリガーとなる、リンク クローン OS ディスク上に蓄積する必要がある未使用ディスク領域の最小量 (GB) を入力します。 未使用ディスク領域がこのしきい値を超過すると、View は ESXi ホストに OS ディスク上の領域を再利用するように指示する操作を開始します。

この値は仮想マシンごとに計測されます。未使用ディスク領域が個々の仮想マシンで指定したしきい値を超過すると、View はそのマシンで領域再利用プロセスを開始します。

例:2 GB。

デフォルト値は 1 GB です。

停電期間 View Storage Accelerator の再生成と仮想マシン ディスク領域の再利用が行われない日時を構成します。

必要に応じて ESXi のリソースがフォアグラウンド タスク専用になるように、ESXi ホストでこれらの操作を実行しない日時を指定できます。

詳細については、以下を参照してください。View Composer リンク クローン用の Storage Accelerator と領域再利用の停電期間の設定

透過的ページ共有の範囲

透過的なページ共有 (TPS) を実行できるレベルを選択します。[仮想マシン](デフォルト)、[プール][ポッド]、または [グローバル] から選択します。プール、ポッド、またはグローバルですべてのマシンに対して TPS をオンにすると、ESXi ホストは、マシンが同じゲスト オペレーティング システムまたはアプリケーションを使用した結果生じるメモリ ページの余分なコピーを取り除きます。

ページ共有は ESXi ホストで発生します。たとえば、プール レベルで TPS を有効にするが、プールが複数の ESXi ホストにまたがっている場合、同じホスト上、または同じプール内の仮想マシンのみがページを共有します。グローバル レベルでは、同じ ESXi ホスト上で View によって管理されているすべてのマシンは、マシンが置かれているプールに関係なく、メモリ ページを共有できます。

注: : TPS はセキュリティ上のリスクを招く可能性があるため、デフォルト設定ではマシン間でのメモリ ページの共有が行われません。調査では、非常に限定された構成シナリオにおいて、TPS を悪用してデータへの不許可のアクセスを取得できる可能性があることが示されています。
ドメイン Active Directory ドメインおよびユーザー名を選択します。

View Composer では、リンク クローン プールを作成するために特定のユーザー権限が必要となります。ドメインおよびユーザー アカウントは、リンク クローン マシンをカスタマイズするために QuickPrep または Sysprep によって使用されます。

このユーザーは、vCenter Server のための View Composer 設定を構成するときに指定します。View Composer 設定を構成する場合は、複数のドメインとユーザーを指定できます。[デスクトップ プールを追加] ウィザードを使用してプールを作成する場合、リストから 1 つのドメインとユーザーを選択する必要があります。

View Composer の構成については、『View 管理』のマニュアルを参照してください。

AD コンテナ Active Directory コンテナの相対識別名を指定します。

例:CN=Computers

[デスクトップ プールを追加] ウィザードを実行するとき、Active Directory ツリー内のコンテナを参照できます。

既存のコンピュータ アカウントの再利用を許可 View Composer によってプロビジョニングされたリンク クローンで、Active Directory 内の既存のコンピュータ アカウントを使用するには、このオプションを選択します。このオプションにより、Active Directory で作成されたコンピュータ アカウントを管理できます。

リンク クローンがプロビジョニングされたときに、既存の AD コンピュータ アカウント名がリンク クローン マシン名と一致すれば、View Composer は既存のコンピュータ アカウントを使用します。一致しない場合は、新しいコンピュータ アカウントが作成されます。

既存のコンピュータ アカウントが、[Active Directory コンテナ] 設定で指定する Active Directory コンテナに配置されている必要があります。

このオプションが無効になっていると、View Composer がリンク クローンをプロビジョニングするときに、新しい AD コンピュータ アカウントが作成されます。このオプションは、デフォルトで無効になっています。

詳細については、以下を参照してください。リンク クローンに既存の Active Directory コンピュータ アカウントを使用する

Use QuickPrep or a customization specification (Sysprep)(QuickPrep またはカスタマイズ仕様(Sysprep)を使用) ライセンス、ドメインへの関連付け、DHCP 設定、およびその他のプロパティをマシンで構成できるようにするために、QuickPrep を使用するか、カスタマイズ仕様 (Sysprep) を選択するかを選択します。

リンク クローンに対して Sysprep がサポートされるのは vSphere 4.1 以降のソフトウェア上だけです。

QuickPrep または Sysprep を使用してプールを作成すると、後でそのプール内のマシンを作成または再構成するときに他のカスタマイズ方法に切り替えることはできません。

詳細については、以下を参照してください。リンク クローン マシンをカスタマイズするための QuickPrep または Sysprep の選択

Power-off script(パワーオフ スクリプト) QuickPrep は、リンク クローン マシンがパワーオフされる前にマシン上でカスタマイズ スクリプトを実行できます。

親仮想マシン上のスクリプトのパスおよびスクリプト パラメータを指定します。

同期後スクリプト QuickPrep は、リンク クローン マシンが作成、再構成、および更新された後にそのマシン上でカスタマイズ スクリプトを実行できます。

親仮想マシン上のスクリプトのパスおよびスクリプト パラメータを指定します。