View Composer QuickPrep カスタマイズ スクリプトがさまざまな理由で失敗することがあります。

問題

QuickPrep 同期後スクリプトまたはパワーオフ スクリプトが実行されません。リンク クローンによって、スクリプトが正常に完了したり、失敗したりすることがあります。

原因

QuickPrep スクリプトの失敗の一般的な原因には次のものがあります。

  • スクリプトがタイムアウトした
  • スクリプトのパスがインタープリタを必要とするスクリプトを参照している
  • スクリプトを実行するアカウントに、スクリプト タスクを実行するための十分な権限がない

解決方法

  • カスタマイズ スクリプト ログを調べます。
    QuickPrep カスタマイズ情報が Windows temp ディレクトリのログ ファイルに書き込まれます。

    C:\Windows\Temp\vmware-viewcomposer-ga-new.log

  • スクリプトがタイムアウトしているかどうかを判断します。
    View Composer は 20 秒以上かかっているカスタマイズ スクリプトを終了させます。ログ ファイルに、スクリプトが開始されたことを示すメッセージとその後のタイムアウトを示すメッセージが表示されます。
    2010-02-21 21:05:47,687 [1500] INFO Ready -
    [Ready.cpp, 102] Running the PostSync script:cmd /c
    C:\temp\build\composer.bat
    2010-02-21 21:06:07,348 [1500] FATAL Guest -
    [Guest.cpp, 428] script cmd /c 
    C:\temp\build\composer.bat timed out

    タイムアウトの問題を解決するには、スクリプトのタイムアウトの制限を引き上げて、再実行します。

  • スクリプト パスが有効かどうかを判断します。

    スクリプトの実行にインタープリタが必要なスクリプト言語を使用する場合は、スクリプト パスをインタープリタのバイナリで始める必要があります。

    たとえば、QuickPrep カスタマイズ スクリプトとして C:¥¥.vbs を指定した場合、View Composer Agent はスクリプトを実行できません。次のように、インタープリタのバイナリ パスで始まるパスを指定する必要があります。

    C:\windows\system32\cscript.exe c:\script\myvb.vbs

  • スクリプトを実行するアカウントに、スクリプト タスクを実行するための適切な権限があるかどうかを判断します。

    QuickPrep は、VMware View Composer Guest Agent Server サービスの実行が構成されたアカウントでスクリプトを実行します。デフォルトでは、このアカウントはローカル システムです。

    このログオン アカウントは変更しないでください。変更すると、リンク クローンが起動しなくなります。