接続サーバには、vCenter Server のインスタントクローン仮想マシンと仮想マシンが含まれているクラスタのメンテナンスに使用できる、ユーティリティが 2 つあります。

ユーティリティは IcMaint.cmdIcUnprotect.cmd で、C:\Program Files\VMware\VMware View\Server\tools\bin にあります。

IcMaint.cmd

このコマンドは、親仮想マシンを削除し、オプションでホストをメンテナンス モードにします。メンテナンスの実行後にこのコマンドを実行すると、ホストをメンテナンス モードから復帰できます。

構文:

        IcMaint.cmd
        -vc
        hostname_or_IP_address
        -uid
        user_ID
        -password
        password
        -hostName
        ESXi_hostname
        -maintenance
        ON|OFF
      

パラメータ:

  • -vc host name or IP address of vCenter Server
  • -uid vCenter Server user ID
  • -password vCenter Server user password
  • -hostname ESXi host name
  • -maintenance ON|OFF

    このパラメータは、親仮想マシンの削除後にメンテナンス モードを開始するかどうかを指定します。ホストがすでにメンテナンス モードの場合は、-maintenanceOFF に設定するとホストがメンテナンス モードから復帰します。

すべてのパラメータは必須です。

IcUnprotect.cmd

このユーティリティは、ClonePrep で作成したフォルダと仮想マシンの保護を解除します。ClonePrep は、作成プロセス中にインスタント クローンをカスタマイズするメカニズムです。

構文:

        IcUnprotect.cmd
        -vc
        hostname_or_IP_address
        -uid
        user_ID
        -password
        password [-clusterIdcluster_ID] [-includeFolders]

パラメータ:

  • -vc host name or IP address of vCenter Server
  • -uid vCenter Server user ID
  • -password vCenter Server user password
  • -clusterId cluster ID
  • -includeFolders

    このパラメータは、仮想マシンだけでなくフォルダのセキュリティも解除します。

clusterId および includeFolders を除くすべてのパラメータは必須です。clusterId が指定されていない場合、すべてのデータセンターにおけるすべての ClonePrep 仮想マシンの保護が解除されます。