マシンをメンテナンス モードで起動して、プールの作成後に個別マシンをカスタマイズすることができます。

手順

  1. View Administrator で、[デスクトップ プールを追加] ウィザードを起動して自動デスクトップ プールの作成を開始します。
  2. プロビジョニングの設定ページで [名前を手動で指定] を選択します。
  3. [メンテナンス モードでマシンを開始] を選択します。
  4. [デスクトップ プールを追加] ウィザードを終了して、デスクトップ プールの作成を終了します。
  5. vCenter Server で、個別仮想マシンにログインし、カスタマイズしてテストします。
    マシンは、手動でカスタマイズすることも、Altiris、SMS、LanDesk、BMC などの標準の Windows システム管理ソフトウェアを使用してカスタマイズすることもできます。
  6. View Administrator で、デスクトップ プールを選択します。
  7. フィルタ ツールを使用してユーザーにリリースする特定のマシンを選択します。
  8. [その他のコマンド] > [メンテナンス モードを終了] をクリックします。

次のタスク

デスクトップにログインできることをユーザーに通知します。