マシンと View 接続サーバ インスタンスの接続に関して、問題が発生することがあります。

問題

マシンと View 接続サーバ インスタンスとの接続に失敗した場合、イベント データベースに次のいずれかのメッセージが表示されます。

  • マシン Machine_Name のプロビジョニング エラーが発生しました:Horizon Agent と接続サーバとのネットワーク通信がないことによるカスタマイズ エラー
  • Horizon Agent のネットワークの問題により、プール Desktop_ID でプロビジョニング エラーが発生しました
  • ユーザー User_Display_Name のプール Desktop_ID から開始できません:Protocol を使用してマシン MachineName に接続できませんでした

原因

マシンと View 接続サーバ インスタンスとの接続の問題は、さまざまな理由によって発生する可能性があります。

  • マシンでの、View 接続サーバ ホストの DNS 名の参照エラー。
  • JMS、RDP、または AJP13 通信用のポートがファイアウォール ルールによってブロックされている。
  • View 接続サーバ ホストでの JMS ルータの障害。

解決方法

  • マシンのコマンド プロンプトで、nslookup コマンドを入力します。
    nslookup CS_FQDN

    CS_FQDN は、View 接続サーバ ホストの完全修飾ドメイン名(FQDN)です。このコマンドによって View 接続サーバ ホストの IP アドレスが返されない場合は、一般的なネットワーク トラブルシューティング テクニックを適用して DNS の構成を修正します。

  • マシンのコマンド プロンプトで telnet コマンドを入力して、TCP ポート 4001 が機能していることを確認します。これは、Horizon Agent が View 接続サーバ ホストとの JMS 通信を確立するために使用するポートです。
    telnet CS_FQDN 4001

    telnet 接続が確立される場合は、JMS のネットワーク接続が機能しています。

  • DMZ にセキュリティ サーバが展開されている場合は、TCP ポート 3389 でセキュリティ サーバと仮想マシンとの RDP 接続を許可する例外ルールが内部ファイアウォールで構成されていることを確認します。
  • 安全な接続がバイパスされている場合は、クライアントが TCP ポート 3389 で仮想マシンへの直接 RDP 接続を確立すること、または TCP ポート 4172 および UDP ポート 4172 で仮想マシンへの直接 PCoIP 接続を確立することがファイアウォール ルールで許可されていることを確認します。
  • TCP ポート 4001(JMS)および TCP ポート 8009(AJP13)で各セキュリティ サーバとそれに関連付けられた View 接続サーバ ホストとの接続を許可する例外ルールが内部ファイアウォールで構成されていることを確認します。