ESXi ホストが仮想マシンのディスク データをキャッシュできるよう View Composer リンク クローン デスクトップ プールを構成できます。この View Storage Accelerator と呼ばれている機能は、ESXi ホストで Content Based Read Cache(CBRC)機能を使用します。View Storage Accelerator により、ブート ストーム発生時(多くのマシンが一斉に起動するか、ウイルス対策スキャンを同時に実行する場合など)の IOPS を削減し、パフォーマンスを向上させることが可能です。この機能は、管理者またはユーザーがアプリケーションまたはデータを頻繁にロードする場合にも役立ちます。この機能を使用するには、個別のデスクトップ プールに対して View Storage Accelerator が有効であることを確認する必要があります。

注: : 既存のリンククローン デスクトップ プールで View Storage Accelerator を有効にしたときに、View Storage Accelerator に対してレプリカがそれまで有効ではなかった場合、この機能はすぐに有効にならないことがあります。View Storage Accelerator は、レプリカの使用中には有効になりません。View Storage Accelerator は、デスクトップ プールを新しい親仮想マシンに再構成することで、強制的に有効にすることができます。インスタント クローンの場合、この機能は自動的に有効になり、構成できません。

仮想マシンを作成すると、View は各仮想ディスク ファイルの内容にインデックスを付けます。インデックスは仮想マシンのダイジェスト ファイルに格納されます。実行時に、ESXi ホストはそのダイジェスト ファイルを読み取り、データの共通ブロックをメモリにキャッシュします。ESXi ホストのキャッシュを最新に保つために、指定した間隔で、および仮想マシンが再構成されるときに、View でダイジェスト ファイルが再生成されます。再生成の間隔は変更可能です。

リンク クローンを含むプールと、フル仮想マシンを含むプールで View Storage Accelerator を有効にすることができます。

View Storage Accelerator は、デフォルトでプール用に有効になっています。この機能は、プールを作成または編集するときに無効または有効に設定できます。デスクトップ プールを初めて作成するときにこの機能を有効にすることをお勧めします。既存のプールを編集してこの機能を有効にする場合は、リンク クローンをプロビジョニングする前に、新しいレプリカとそのダイジェスト ディスクが作成されていることを確認する必要があります。レプリカは、プールを新しいスナップショットに再構成するか、プールを新しいデータストアに再分散することによって作成できます。ダイジェスト ファイルは、デスクトップ プール内の仮想マシンがパワーオフされているときにのみ、構成できます。

View Storage Accelerator は、View レプリカ階層を使用する構成で動作するために適しており、レプリカはリンク クローンでなく別のデータストアに保存されます。View レプリカ階層で View Storage Accelerator を使用するパフォーマンスの利点は実質的には大きくありませんが、特定の容量に関わる利点は別のデータストアでレプリカを保存することによって実現できます。その結果、この組み合わせはテストおよびサポートされます。

重要: : この機能を使用する計画であり、いくつかの ESXi ホストを共有する複数の View ポッドを使用している場合は、共有 ESXi ホストのすべてのプールについて View Storage Accelerator 機能を有効にする必要があります。複数ポッドの設定に一貫性がない場合は、共有 ESXi ホストの仮想マシンが不安定になることがあります。

前提条件

  • vCenter Server ホストおよび ESXi ホストのバージョンが 5.0 以降であることを確認します。

    ESXi クラスタで、すべてのホストのバージョンが 5.0 以降であることを確認します。

  • vCenter Server の [ホスト] > [構成] > [詳細] 設定の権限が vCenter Server ユーザに割り当てられていることを確認します。vCenter Server ユーザーに必要な View および View Composer の権限については、『View のインストール』マニュアルのトピックを参照してください。
  • View Storage Accelerator が vCenter Server で有効になっていることを確認します。『View 管理ガイド』を参照してください。

手順

  1. View Administrator で、[[詳細なストレージ]] ページを表示します。
    オプション 説明
    新しいデスクトップ ツール(推奨) [デスクトップ プールを追加] ウィザードを起動して、自動デスクトップ プールの作成を開始します。ウィザードの構成に関する指示に従って、[[詳細なストレージ]] ページが表示されるまで進みます。
    既存のデスクトップ プール 既存のプールを選択し、[編集] をクリックして、[詳細なストレージ] タブをクリックします。

    既存のデスクトップ プールの View Storage Accelerator の設定を変更すると、デスクトップ プールの仮想マシンがパワーオフするまで、変更は有効になりません。

  2. プール用に View Storage Accelerator を有効にするには、[View Storage Accelerator を使用] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。
    デフォルトでは、この設定はオンになっています。この設定を無効にするには、 [View Storage Accelerator を使用] ボックスをオフにします。
  3. (オプション) [ディスク タイプ] メニューから [OS ディスク] のみを選択するか [OS ディスクと通常ディスク] を選択することで、キャッシュするディスク タイプを指定します。
    デフォルトでは、 [OS ディスク] が選択されています。

    フル仮想マシンに対して View Storage Accelerator を構成する場合、ディスク タイプは選択できません。View Storage Accelerator は、仮想マシン全体で実行されます。

  4. (オプション) [次の期間後にストレージ アクセラレータを再作成] テキスト ボックスで、View Storage Accelerator ダイジェスト ファイルの再生成までの間隔を日数で指定します。
    デフォルトの再生成までの間隔は、7 日間です。

次のタスク

ディスク領域再利用と View Storage Accelerator の再生成が行われない停電期間を日数および時間で構成できます。View Composer リンク クローン用の Storage Accelerator と領域再利用の停電期間の設定を参照してください。

既存のプールを編集して View Storage Accelerator を有効にする場合は、リンク クローンをプロビジョニングする前に、デスクトップ プールを新しいスナップショットに再構成するか、プールを新しいデータストアに再分散します。