View Composer 通常ディスクを使用すると、リンク クローン OS ディスクの管理として更新、再構成、再分散の操作を行っているときにもユーザーのデータと設定を保持できます。通常ディスクを構成すると、ユーザーが大量の個人設定情報を生成する際の View Persona Management のパフォーマンスを向上させることができます。通常ディスクは、専用割り当てのリンク クローン デスクトップでのみ構成できます。

View Persona Management は、ネットワーク共有で構成されるリモート リポジトリにおいて、各ユーザー プロファイルを維持します。ユーザーがデスクトップにログインした後で、ユーザーの必要に応じて、個人設定ファイルが動的にダウンロードされます。

View Persona Management で通常ディスクを構成すると、リンク クローン OS ディスクを更新および再構成し、各ユーザー プロファイルのローカル コピーを通常ディスクに保存しておくことができます。

通常ディスクは、ユーザー プロファイルのキャッシュとして機能させることができます。ユーザーが個人設定ファイルを必要としたときに、ローカルの通常ディスクおよびリモート リポジトリと同じデータについては、View Persona Management でダウンロードする必要はありません。ダウンロードが必要なのは、同期されていない個人設定データのみです。

通常ディスクを構成する場合は、[ログオフ時にローカルの個人設定を削除] ポリシーを有効にしないようにしてください。このポリシーを有効にすると、ユーザーのログオフ時に通常ディスクからユーザー データが削除されます。