クライアント システムに複数のマイクロフォンがある場合、リモート デスクトップで使用されるのは 1 つだけです。クライアント システムの [システム環境設定] を使用して、リモート デスクトップ用のデフォルトのマイクロフォンを指定できます。

リアルタイム オーディオ ビデオ機能を使用すれば、オーディオ入力デバイスおよびオーディオ出力デバイスは USB リダイレクトを使用せずに動作し、必要となるネットワーク帯域幅の量は大幅に削減されます。アナログ オーディオ入力デバイスもサポートされます。

この手順では、クライアント システムのユーザー インターフェイスからマイクロフォンを選択する方法について説明します。管理者は、Mac のデフォルト システムを使用して優先するマイクロフォンを構成することもできます。Mac クライアント システムで優先する Web カメラまたはマイクロフォンの構成を参照してください。

重要: : USB マイクロフォンを使用している場合は、 Horizon Client[接続] > [USB] メニューから接続しないでください。このメニューから接続すると、デバイスは USB リダイレクトによってルーティングされるので、デバイスはリアルタイム オーディオ ビデオ機能を使用できなくなります。

前提条件

  • USB マイクロフォンまたは他のタイプのマイクロフォンがインストールされ、クライアント システムで動作できる状態であることを確認します。
  • リモート デスクトップ用に VMware Blast 表示プロトコルまたは PCoIP 表示プロトコルを使用していることを確認します。

手順

  1. クライアント システムで [Apple メニュー] > [システム環境設定] を選択して、[サウンド] をクリックします。
  2. [サウンド環境設定] の [入力] ペインを開きます。
  3. 使用するマイクロフォンを選択します。

結果

次回、リモート デスクトップに接続して呼び出しを開始すると、クライアント システムで選択したデフォルトのマイクロフォンがデスクトップで使用されます。