RDS デスクトップ プールは、作成可能な 3 種類のデスクトップ プールのうちの 1 つです。このタイプのプールは、以前の View リリースでは Microsoft Terminal Services プールと呼ばれていました。

RDS デスクトップ プールおよび RDS デスクトップには次の特徴があります。

  • RDS デスクトップ プールは RDS ホストのグループであるファームと関連付けられます。各 RDS ホストは複数の RDS デスクトップをホストすることができる Windows サーバです。
  • RDS デスクトップは RDS ホストへのセッションに基づきます。これに対し、自動デスクトップ プール内のデスクトップは仮想マシンに基づき、手動デスクトップ プール内のデスクトップは仮想マシンまたは物理マシンに基づきます。
  • RDS デスクトップは RDP、PCoIP、および VMware Blast 表示プロトコルをサポートします。HTML Access を有効にするには、https://www.vmware.com/support/viewclients/doc/viewclients_pubs.htmlから利用できる『HTML Access の使用』ドキュメントの「セットアップとインストール」の章の「HTML Access のためのデスクトップ、プール、ファームの準備」を参照してください。
  • RDS デスクトップ プールは、RDS ロールをサポートし、View によりサポートされる Windows Server オペレーティング システムでのみサポートされます。『View のインストール』の「ゲスト OS のシステム要件」を参照してください。
  • View は、接続要求をアクティブなセッションの数が最小の RDS ホストに転送することによって、ファーム内の RDS ホストの負荷分散を提供します。
  • RDS デスクトップ プールはセッションベースのデスクトップを提供するため、更新、再構成、再分散のような、リンク クローン デスクトップ プールに特有な操作はサポートされません。
  • RDS ホストが vCenter Server により管理される仮想マシンの場合、基本イメージとしてスナップショットを使用できます。vCenter Server を使用してスナップショットを管理できます。RDS ホストの仮想マシンでのスナップショットの使用は、View に対して透過的です。
  • RDS デスクトップは View Persona Management をサポートしません。
  • HTML Access では、コピーおよび貼り付け機能がデフォルトで無効になっています。この機能を有効にするには、https://www.vmware.com/support/viewclients/doc/viewclients_pubs.html で公開されている『HTML Access の使用』ドキュメントの「エンド ユーザー用に HTML Access を構成」の「HTML Access グループ ポリシー設定」を参照してください。