リアルタイム オーディオ ビデオ機能を使用し、クライアント システムに複数の web カメラとマイクロフォンがある場合、リモート デスクトップで使用できるのは 1 台の Web カメラと 1 台のマイクロフォンだけです。Mac のデフォルト システムを使用して、優先する Web カメラとマイクロフォンをコマンド ラインで指定します。

リアルタイム オーディオ ビデオ機能を使用すると、Web カメラ、オーディオ入力デバイス、オーディオ出力デバイスは、USB リダイレクトなしで動作し、必要なネットワーク帯域幅の量が大幅に軽減します。アナログ オーディオ入力デバイスもサポートされます。

ほとんどの環境では、優先マイクロフォンまたは Web カメラを設定する必要はありません。優先マイクロフォンを設定しない場合、リモート デスクトップでは、クライアント システムの [システム環境設定] で設定されたデフォルトのオーディオ デバイスが使用されます。以下を参照してください。 Mac クライアント システムでのデフォルトのマイクロフォンの選択.優先 Web カメラを構成しない場合、リモート デスクトップでは、列挙された順に従って Web カメラが選択されます。

前提条件

  • 優先 USB Web カメラを構成する場合は、その Web カメラがクライアント システムにインストールされ、動作できる状態であることを確認します。
  • 優先 USB マイクロフォンまたは他のタイプのマイクロフォンを構成する場合は、そのマイクロフォンがクライアント システムにインストールされ、動作できる状態であることを確認します。
  • リモート デスクトップ用に VMware Blast 表示プロトコルまたは PCoIP 表示プロトコルを使用していることを確認します。

手順

  1. Mac クライアント システムで Web カメラまたはマイクロフォン アプリケーションを起動して、カメラ デバイスまたはオーディオ デバイスの列挙をリアルタイム オーディオ ビデオのログ ファイルにトリガします。
    1. Web カメラまたはオーディオ デバイスを取り付けます。
    2. [アプリケーション] フォルダで [VMware Horizon Client] をダブルクリックして、Horizon Client を起動します。
    3. 呼び出しを開始し、その後呼び出しを停止します。
  2. リアルタイム オーディオ ビデオ ログ ファイル内で、Web カメラまたはマイクロフォンのログ エントリを見つけます。
    1. リアルタイム オーディオ ビデオ ログ ファイルをテキスト エディタで開きます。
      リアルタイム オーディオ ビデオ ログ ファイルには ~/Library/Logs/VMware/vmware-RTAV-pid.log という名前が付けられています。 pid は現在のセッションの処理 ID です。
    2. リアルタイム オーディオ ビデオ ログ ファイルで、接続された Web カメラまたはマイクロフォンを特定するエントリを探します。
    次の例では、リアルタイム オーディオ ビデオ ログ ファイルで Web カメラのエントリがどのように表示されるかを示します。
    2013-12-16T12:18:17.404Z| vthread-3| I120: RTAV: static void VideoInputBase::LogDevEnum() - 1 Device(s) found
    2013-12-16T12:18:17.404Z| vthread-3| I120: RTAV: static void VideoInputBase::LogDevEnum() - Name=FaceTime HD Camera (Built-in)   UserId=FaceTime HD Camera (Built-in)#0xfa20000005ac8509   SystemId=0xfa20000005ac8509
    次の例では、リアルタイム オーディオ ビデオ ログ ファイルでマイクロフォンのエントリがどのように表示されるかを示します。
    2013-12-16T12:18:17.404Z| vthread-3| I120: RTAV: int AVCaptureEnumerateAudioDevices(MMDev::DeviceList&) - 
    2013-12-16T12:18:17.404Z| vthread-3| I120: RTAV: static void AudioCaptureBase::LogDevEnum() - 2 Device(s) found
    2013-12-16T12:18:17.404Z| vthread-3| I120: RTAV: static void AudioCaptureBase::LogDevEnum() - Index=255   Name=Built-in Microphone   UserId=Built-in Microphone#AppleHDAEngineInput:1B,0,1,0:1   SystemId=AppleHDAEngineInput:1B,0,1,0:1
    2013-12-16T12:18:17.404Z| vthread-3| I120: RTAV: static void AudioCaptureBase::LogDevEnum() - Index=255   Name=Built-in Input   UserId=Built-in Input#AppleHDAEngineInput:1B,0,1,1:2   SystemId=AppleHDAEngineInput:1B,0,1,1:2
  3. リアルタイム オーディオ ビデオ ログ ファイルで、優先する Web カメラまたはマイクロフォンを見つけて、そのユーザー ID をメモします。
    ログ ファイルでは、ユーザー ID が文字列 UserId= の後に表示されます。たとえば、内蔵フェイス タイム カメラのユーザー ID は FaceTime HD Camera(組み込み)で、内蔵マイクロフォンのユーザー ID は Built-in Microphone です。
  4. ターミナル(/Applications/Utilities/Terminal.app)で defaults write コマンドを使用して、優先する Web カメラまたはマイクロフォンを設定します。
    オプション アクション
    優先する Web カメラを設定する defaults write com.vmware.rtav srcWCamId "webcam-userid"」と入力します。ここで、webcam-userid は、リアルタイム オーディオ ビデオ ログ ファイルで取得した、優先する Web カメラのユーザー ID です。例:
    defaults write com.vmware.rtav srcWCamId "HD Webcam C525”
    優先するマイクロフォンを設定する defaults write com.vmware.rtav srcAudioInId "audio-device-userid"」と入力します。ここで、audio-device-userid は、リアルタイム オーディオ ビデオ ログ ファイルで取得した、優先するマイクロフォンのユーザー ID です。例:
    defaults write com.vmware.rtav srcAudioInId "Built-in Microphone"
  5. (オプション) defaults read コマンドを使用して、リアルタイム オーディオ ビデオ機能への変更を確認します。
    例: defaults read com.vmware.rtav
    このコマンドにより、リアルタイム オーディオ ビデオ設定のすべてが表示されます。

結果

次回、リモート デスクトップに接続して新しい呼び出しを開始すると、構成した優先 Web カメラまたはマイクロフォンが使用されます(利用可能な場合)。優先 Web カメラまたはマイクロフォンが利用できない場合、リモート デスクトップは別の利用可能な Web カメラまたはマイクロフォンを使用できます。