User Environment Manager 管理コンソールを使用して、User Environment Manager の Horizon スマート ポリシーを作成します。Horizon スマート ポリシーを定義するときに、スマート ポリシーを有効にするために必要な条件を追加できます。

前提条件

User Environment Manager 管理コンソールの使用方法の詳細については、『User Environment Manager 管理者ガイド』ドキュメントを参照してください。

手順

  1. User Environment Manager 管理コンソールで、[ユーザー環境] タブを選択し、ツリー ビューで [Horizon スマート ポリシー] をクリックします。
    既存の Horizon スマート ポリシー定義がある場合には、[Horizon スマート ポリシー] ペインに表示されます。
  2. [Horizon スマート ポリシー] を右クリックし、[Horizon スマート ポリシー定義の作成] を選択して新しいスマート ポリシーを作成します。
    [Horizon スマート ポリシー] ダイアログ ボックスが表示されます。
  3. [設定] タブを選択し、スマート ポリシー設定を定義します。
    1. [全般設定] セクションで、[名前] テキスト ボックスにスマート ポリシーの名前を入力します。
      たとえば、スマート ポリシーがクライアント ドライブ リダイレクト機能に影響する場合、CDR などのスマート ポリシー名を付けます。
    2. [Horizon スマート ポリシー設定] セクションで、スマート ポリシーに含めるリモート デスクトップ機能と設定を選択します。
      複数のリモート デスクトップ機能を選択できます。
  4. (オプション) スマート ポリシーに条件を追加するには、[条件] タブを選択して [追加] をクリックし、条件を選択します。
    1 つのスマート ポリシー定義に複数の条件を追加できます。
  5. [保存] をクリックしてスマート ポリシーを保存します。

結果

User Environment Manager は、ユーザーがリモート デスクトップに接続または再接続するたびに Horizon スマート ポリシーを処理します。

User Environment Manager は複数のスマート ポリシーをスマート ポリシー名のアルファベット順に処理します。Horizon スマート ポリシーは、[Horizon スマート ポリシー] ペインにアルファベット順に表示されます。スマート ポリシーが競合する場合、最後に処理されたスマート ポリシーが優先されます。たとえば、Sue というユーザーの USB リダイレクトを有効にする Sue というスマート ポリシーがあり、Win7 というデスクトップ プールの USB リダイレクトを無効にする Pool という別のスマート ポリシーがある場合、Sue が Win7 デスクトップ プールのリモート デスクトップに接続したときに USB リダイレクト機能が有効になります。