すべての非管理対象マシンに Horizon Agent をインストールする必要があります。View では、Horizon Agent がインストールされていないと非管理対象マシンを管理できません。

Horizon Agent のサイレント インストールを実行すると、ウィザードのプロンプトに応答することなく複数の Windows 物理コンピュータに Horizon Agent をインストールできます。Horizon Agent のサイレント インストールを参照してください。

前提条件

  • 非管理対象マシンに対して管理者権限を持っていることを確認します。
  • 非管理対象の Windows Server マシンを RDS ホストではなくリモート デスクトップとして使用するには、デスクトップで使用するための Windows Server OS の準備に記載されている手順を実行します。
  • 非管理対象マシン用の Horizon Agent カスタム セットアップ オプションについて理解しておきます。非管理対象マシン用の Horizon Agent のカスタム セットアップ オプションを参照してください。
  • Horizon Agent インストール プログラムによってファイアウォール上で開かれる TCP ポートについて理解しておきます。詳細については、『View アーキテクチャの計画』ドキュメントを参照してください。
  • マシンに Microsoft Visual C++ Redistributable パッケージがインストールされている場合、パッケージのバージョンが 2005 SP1 以降であることを確認します。パッケージのバージョンが 2005 以前の場合、パッケージのアップグレードまたはアンインストールのいずれかが可能です。
  • VMware 製品ページ http://www.vmware.com/go/downloadview から、Horizon Agent インストーラ ファイルをダウンロードします。

手順

  1. Horizon Agent のインストール プログラムを開始するには、インストーラ ファイルをダブルクリックします。
    インストーラのファイル名は、 VMware-viewagent-y.y.y-xxxxxx.exe または VMware-viewagent-x86_64-y.y.y-xxxxxx.exe です。 y.y.y はバージョン番号、 xxxxxx はビルド番号です。
  2. VMware のライセンス条件に同意します。
  3. インターネット プロトコル (IP) バージョンとして、[IPv4] または [IPv6] を選択します。
    すべての View コンポーネントを同じ IP バージョンでインストールする必要があります。
  4. FIPS モードを有効にするか無効にするかを選択します。
    このオプションは、Windows で FIPS モードが有効にされている場合にのみ使用可能です。
  5. カスタム セットアップのオプションを選択します。
  6. インストール先フォルダを受け入れるか、変更します。
  7. [サーバ] テキスト ボックスに、View 接続サーバ ホストのホスト名または IP アドレスを入力します。
    インストール時に、インストーラがこの View 接続サーバ インスタンスに非管理対象マシンを登録します。登録後、指定した View 接続サーバ インスタンスおよび同じ View 接続サーバ グループ内の他のインスタンスは非管理対象マシンと通信できます。
  8. 認証方式を選択して、View 接続サーバ インスタンスに非管理対象マシンを登録します。
    オプション アクション
    現在ログインしているユーザーとして認証する [ユーザー名] および [パスワード] テキスト ボックスは無効であり、現在のユーザー名とパスワードを使用して View 接続サーバ インスタンスにログインします。
    管理者の認証情報を指定する [ユーザー名] および [パスワード] テキスト ボックスに、View 接続サーバ管理者のユーザー名とパスワードを入力する必要があります。
    Domain\User の形式でユーザー名を入力します。

    ユーザー アカウントは、View 接続サーバ インスタンスで View LDAP にアクセスできるドメイン ユーザーでなければなりません。ローカル ユーザーは使用できません。

  9. Horizon Agent インストール プログラムの指示に従ってインストールを終了します。
  10. USB リダイレクト オプションを選択した場合は、非管理対象マシンを再起動して USB サポートを有効にします。
    さらに、 [新しいハードウェアが見つかりました] ウィザードが起動する場合があります。非管理対象マシンを再起動する前に、ウィザードの指示に従ってハードウェアを構成します。

結果

VMware Horizon Horizon Agent サービスが非管理対象マシンで開始されます。

次のタスク

非管理対象マシンを使用してリモート デスクトップを作成します。手動デスクトップ プールを参照してください。