ログのグループ ポリシー設定は、View Persona Management ログ ファイルの名前、場所、動作を指定します。

次の表では、ログのグループ ポリシー設定についてそれぞれ説明します。

グループ ポリシー設定 説明
Logging filename(ログ ファイル名) ローカルの View Persona Management ログ ファイルの完全パス名を指定します。

デフォルトのパスは、ProgramData\VMware\VDM\logs\filename です。

デフォルトのログファイル名は、VMWVvp.txt です。

Logging destination(ログの書き込み先) すべてのログ メッセージをログ ファイルに書き込むか、デバッグ ポートに書き込むか、その両方に書き込むかを指定します。

デフォルトでは、ログ メッセージはログ ファイルに送信されます。

Logging flags(ログ フラグ) 生成するログ メッセージのタイプを指定します。
  • 情報メッセージをログに記録する。
  • デバッグ メッセージをログに記録する。

この設定が無効になるか構成されない場合、およびデフォルトで設定が構成されている場合にると、この設定が無効にされるか構成されないと、ログ メッセージが情報レベルに設定されます。

ログの履歴の深さ View Persona Management で維持する履歴ログ ファイルの数を決定します。

維持する履歴ログ ファイルの数を最小 1 から最大 10 まで設定可能です。

デフォルトでは、1 つの履歴ログ ファイルが維持されます。

ネットワークへのログのアップロード View Persona Management ログ ファイルを、ユーザーがログオフする時に、指定したネットワーク共有へアップロードします。

この設定が有効になっている場合、ネットワーク共有のパスを指定します。ネットワーク共有のパスは、UNC パスである必要があります。View Persona Management では、ネットワーク共有は作成されません。

デフォルトでは、ログ ファイルはネットワーク共有にアップロードされません。