リアルタイム オーディオ ビデオと共に Horizon Agent をインストール後、この機能はさらに構成しなくとも View デスクトップで動作します。Web カメラ フレーム レートおよび画像解像度のデフォルト値は、ほとんどの標準デバイスおよびアプリケーションで推奨されます。

グループ ポリシ設定を構成して、これらのデフォルト値を変更して、特定のアプリケーション、Web カメラ、または環境に適応することができます。ポリシーを設定して機能をすべて無効または有効にすることもできます。ADM テンプレート ファイルにより、Active Directory または個々のデスクトップにリアルタイム オーディオ ビデオ グループ ポリシー設定をインストールできます。リアルタイム オーディオ ビデオ グループ ポリシ設定の構成を参照してください。

クライアント コンピュータに内蔵または接続されている複数の Web カメラおよびオーディオ入力デバイスがある場合、デスクトップにリダイレクトされる優先される Web カメラおよびオーディオ入力デバイスを構成できます。優先される Web カメラとマイクロフォンを選択を参照してください。

注: : 優先されるオーディオ デバイスを選択できますが、他のオーディオ構成オプションは使用できません。

Web カメラ画像およびオーディオ入力がリモート デスクトップにリダイレクトされると、ユーザーはローカル コンピュータの Web カメラおよびオーディオ デバイスにアクセスできません。逆に言えば、これらのデバイスがローカル コンピュータで使用中であれば、リモート デスクトップでそれらにアクセスできません。

サポートされるアプリケーションについては、VMware ナレッジベースの記事『Guidelines for Using Real-Time Audio-Video with 3rd-Party Applications on Horizon View Desktops (リアルタイム オーディオ-ビデオを Horizon View デスクトップのサードパーティ アプリケーションで使用するためのガイドライン)』(http://kb.vmware.com/kb/2053754) を参照してください。