User Environment Manager で Horizon スマート ポリシーを定義する場合、ポリシーを有効にするための必要条件を追加できます。たとえば、ユーザーが企業のネットワーク以外からリモート デスクトップに接続した場合にのみクライアント ドライブのリダイレクト機能を無効にする条件を追加できます。

同じリモート デスクトップ機能に対して複数の条件を追加できます。たとえば、ユーザーが HR グループのメンバーである場合にローカル印刷を有効にする条件や、リモート デスクトップが Win7 プールにある場合にローカル印刷を有効にする条件を追加できます。

User Environment Manager 管理コンソールで条件を追加および編集する方法の詳細については、『User Environment Manager 管理者ガイド』を参照してください。

Horizon Client プロパティ条件の使用

ユーザーがリモート デスクトップに接続するか、再接続すると、Horizon Client がクライアント コンピュータに関する情報を収集し、接続サーバがその情報をリモート デスクトップに送信します。Horizon Client プロパティ条件を Horizon ポリシー定義に追加し、リモート デスクトップが受信する情報に基づいて、ポリシーが有効になるタイミングを制御できます。

注: : Horizon Client プロパティ条件は、ユーザーが PCoIP 表示プロトコルまたは VMware Blast 表示プロトコルを使用してリモート デスクトップを起動した場合にのみ有効になります。ユーザーが RDP 表示プロトコルを使用してリモート デスクトップを起動した場合、Horizon Client プロパティ条件は無効になります。

表 1では、Horizon Client プロパティ条件を使用するときに [プロパティ] ドロップダウン メニューから選択できる事前定義プロパティについて説明します。各事前定義プロパティは、ViewClient_ レジストリ キーに対応します。

表 1. Horizon Client プロパティ条件の事前定義プロパティ
プロパティ 対応するレジストリ キー 説明
[クライアントの場所] ViewClient_Broker_GatewayLocation ユーザーのクライアント システムの場所を指定します。有効な値は以下のとおりです。
  • Internal - ユーザーが企業のネットワークの内からリモート デスクトップに接続した場合にのみポリシーが有効になります。
  • External - ユーザーが企業のネットワーク以外からリモート デスクトップに接続した場合にのみポリシーが有効になります。

接続サーバまたはセキュリティ サーバ ホストのゲートウェイの場所の設定については、『View 管理』ドキュメントを参照してください。

Access Point アプライアンスのゲートウェイの場所の設定については、『Access Point をデプロイして構成する』ドキュメントを参照してください。

[起動タグ] ViewClient_Launch_Matched_Tags 1 つ以上のタグを指定します。複数のタグはカンマまたはセミコロンで区切ります。リモート デスクトップを起動できるようにしたタグが指定のタグのいずれかと一致した場合にのみポリシーが有効になります。

タグを接続サーバ インスタンスおよびデスクトップ プールに割り当てる方法については、リモート デスクトップ アクセスの制限を参照してください。

[プール名] ViewClient_Launch_ID デスクトップ プール ID を指定します。リモート デスクトップの起動時にユーザーが選択したデスクトップ プールの ID が指定のデスクトップ プール ID と一致した場合にのみポリシーが有効になります。たとえば、ユーザーが Win7 プールを選択していて、このプロパティが Win7 に設定されている場合、ポリシーが有効になります。
注: : このプロパティを使用して、アプリケーション プールを指定することはできません。

[プロパティ] ドロップダウン メニューはテキスト ボックスでもあるため、そのテキスト ボックスに ViewClient_ レジストリ キーを手動で入力できます。レジストリ キーを入力する場合、ViewClient_ プリフィックスを含めないでください。ViewClient_Broker_URL を指定するには、「Broker_URL」と入力します。

リモート デスクトップで Windows レジストリ エディタ (regedit.exe) を使用して、ViewClient_ レジストリ キーを表示できます。Horizon Client は、クライアント コンピュータ情報を、単一ユーザー マシンにデプロイされたリモート デスクトップのシステム レジストリ パス HKEY_CURRENT_USER\Volatile Environment に書き込みます。RDS セッションにデプロイされたリモート デスクトップの場合、Horizon Client は、クライアント コンピュータ情報をシステム レジストリ パス HKEY_CURRENT_USER\Volatile Environment\x に書き込みます。この x は RDS ホストでのセッション ID です。

その他の条件の使用

User Environment Manager 管理コンソールには、多数の条件が用意されています。次の条件は、リモート デスクトップ機能のポリシーを作成する場合に特に便利です。

グループ メンバー
この条件を使用して、ユーザーが特定のグループのメンバーである場合にのみ有効になるようにポリシーを構成できます。
リモート表示プロトコル
この条件を使用して、ユーザーが特定の表示プロトコルを選択した場合にのみ有効になるようにポリシーを構成できます。条件設定には、RDP、PCoIP、および Blast が含まれます。
IP アドレス
この条件を使用して、ユーザーが企業のネットワークの内部または外部から接続した場合にのみ有効になるようにポリシーを構成できます。条件設定を使用して、内部 IP アドレス範囲または外部 IP アドレス範囲を指定します。
注: : また、Horizon Client プロパティ条件の [クライアントの場所] プロパティを使用することもできます。

使用可能なすべての条件の詳細については、『User Environment Manager 管理者ガイド』ドキュメントを参照してください。