インスタントクローン デスクトップ プールを作成する際、[デスクトップ プールを追加] ウィザードで特定のオプションを構成するよう求められます。このワークシートを使用して、プールを作成する前に構成オプションを記録します。

インスタントクローン デスクトップ プールを作成する前に、親仮想マシンのスナップショットを取得します。スナップショットを取得する前に、親仮想マシンをシャットダウンする必要があります。このスナップショットは、クローンの基本イメージとなります。
注: : 仮想マシン テンプレートからインスタントクローン デスクトップ プールを作成することはできません。
表 1. ワークシート:インスタントクローン デスクトップ プールを作成するための構成オプション
オプション 説明 値をここに記入
ユーザー割り当て [流動] を選択します。ユーザーは、プールからのデスクトップにランダムに割り当てられます。
vCenter Server [インスタントクローン]を選択し、インスタント クローン 仮想マシンを管理する vCenter Server を選択します。
デスクトップ プール ID View Administrator でプールを識別する一意の名前。

複数の接続サーバ構成が存在する場合、同じプール ID を使用する接続サーバ構成が存在していないことを確認します。接続サーバ構成は、1 台の接続サーバ、または複数の接続サーバによる構成が可能です。

表示名 クライアントからログインするときにユーザーに表示されるプール名。名前を指定しない場合、プール ID が使用されます。
アクセス グループ プールに対するアクセス グループを選択するか、プールをデフォルトのルート アクセス グループに残します。

アクセス グループを使用する場合は、プールの管理を特定のロールを持つ管理者に委任できます。詳細については、『View 管理』のロール ベースの委任管理についての章を参照してください。

注: : アクセス グループは、デスクトップ 仮想マシンを格納する vCenter Server フォルダとは異なります。ウィザードで vCenter Server フォルダを後で選択します。
状態 [有効] に設定されている場合、プロビジョニング後にプールを使用する準備が整っています。[無効] に設定されている場合、ユーザーはプールを使用できません。プロビジョニング中にプールを無効にすると、プロビジョニングは停止します。
接続サーバの制限 プールへのアクセスを特定の接続サーバに制限するには、[参照] をクリックして、1 台以上の接続サーバを選択します。

VMware Identity Manager からデスクトップへのアクセスを提供することを意図して接続サーバ制限を構成すると、これらのデスクトップが実際には制限されている場合でも VMware Identity Manager アプリケーションでユーザーにデスクトップが表示されることがあります。VMware Identity Manager ユーザーはこれらのデスクトップを起動できません。

切断後に自動的にログオフ
  • [直後]:ユーザーは切断時にログアウトします。
  • [なし]:ユーザーはログオフされません。
  • [時間が経過した後]:ユーザーが接続を切断してからこの時間が経過すると、ログオフされます。時間は分単位で入力します。

    ログオフ時間は今後の切断時に適用されます。ログオフ時間を設定したときにデスクトップ セッションがすでに切断されている場合、そのユーザーのログオフ経過時間が開始するのは、ログオフ時間を設定した時点となり、セッションが最初に切断された時点ではありません。たとえば、この値を 5 分に設定した場合に、セッションが 10 分前に切断されたとすると、そのセッションは値を設定してから 5 分後に View でログオフされます。

ユーザーが複数のクライアント デバイスからセッションを個別に開始できるようにする このオプションが選択されている場合、複数のクライアント デバイスから同じデスクトップ プールに接続しているユーザーは複数のデスクトップ セッションを取得します。ユーザーは同じクライアント デバイスからのみ既存のセッションに再接続できます。この設定が選択されていない場合、使用されるクライアント デバイスに関係なく、ユーザーは常時、既存のセッションと再接続されます。
デフォルト表示プロトコル デフォルトの表示プロトコルを選択します。選択肢は [Microsoft RDP][PCoIP]、および [VMware Blast] です。
ユーザーがプロトコルを選択できるようにする ユーザーがデフォルト以外の表示プロトコルを選択できるかどうかを指定します。
HTML Access ユーザーに自分の Web ブラウザからリモート デスクトップに接続することを許可するには、[有効] を選択します。この機能の詳細については、『HTML Access の 使用』(https://www.vmware.com/support/viewclients/doc/viewclients_pubs.htmlから利用可能)を参照してください。

VMware Identity ManagerHTML Access を使用するには、『View 管理 管理ガイド』の説明に従って接続サーバを SAML 認証サーバとペアにする必要があります。VMware Identity Manager をインストールして、接続サーバで使用するために構成する必要があります。

Adobe Flash quality(Adobe Flash の品質) Web ページで Adobe フラッシュ コンテンツの品質を選択します。
  • [制御しない]:Web ページの設定により品質が決定されます。
  • [低]:この設定は、最小限の帯域幅を使用します。品質レベルが指定されない場合、これがデフォルト レベルです。
  • [中]:この設定は、中程度の帯域幅を使用します。
  • [高]:この設定は、最大限の帯域幅を使用します。

詳細については、Adobe Flash の品質とスロットルを参照してください。

Adobe Flash throttling(Adobe Flash のスロットル) Adobe Flash ムービーのフレーム レートを選択します。この設定を有効にすると、スロットル レベルを選択することによって、1 秒あたりに表示されるフレームの数を増やしたり減らしたりできます。
  • [無効化]:スロットルは行われません。
  • [低]:タイマー間隔は 100 ミリ秒です。この設定では、抜けるフレームの数が最も少なくなります。
  • [中]:タイマー間隔は 500 ミリ秒です。
  • [高]:タイマー間隔は 2,500 ミリ秒です。この設定では、抜けるフレームの数が最も多くなります。

詳細については、Adobe Flash の品質とスロットルを参照してください。

エラーによりプロビジョニングを停止 エラーが発生した際に View でデスクトップ仮想マシンのプロビジョニングを停止し、そのエラーが複数の仮想マシンに影響が及ばないようにするかどうかを指定します。
Naming pattern(名前付けパターン) すべてのデスクトップ仮想マシン名のプレフィックス(その後に一意の数字が続く)として View で使用するパターンを指定します。

詳細については、自動デスクトップ プールでの名前付けパターンの使用を参照してください。

マシンの最大数 プール内のデスクトップ仮想マシンの総数を指定します。
スペアの(パワーオン状態の)マシンの数 ユーザーから利用可能な状態を保つデスクトップ仮想マシンの数を指定します。詳細については、以下を参照してください。マシンの手動での名前付けまたは名前付けパターンの指定

オンデマンドでマシンをプロビジョニング

マシンの最小数

全マシンを事前にプロビジョニング

プールの作成時にすべてのデスクトップ仮想マシンをプロビジョニングするか、または必要に応じて仮想マシンをプロビジョニングするかどうかを指定します。
  • [全マシンを事前にプロビジョニング]。プールが作成されると、View[マシンの最大数] で指定した数の仮想マシンをプロビジョニングします。
  • [オンデマンドでマシンをプロビジョニング]。プールが作成されると、View[マシンの最小数] の値または [スペアの(パワーオン状態の)マシンの数] の値(いずれか大きい方)に基づく台数の仮想マシンを作成します。ユーザーがデスクトップに接続すると、この利用可能な仮想マシンの最小台数を維持するために、追加の仮想マシンが作成されます。
レプリカおよび OS ディスク用に別のデータストアを選択します インスタント クローンのデータストアとは異なるデータストアにレプリカおよび OS ディスクを格納するかどうかを指定します。

詳細については、インスタント クローンおよび View Composer リンク クローン用の別のデータストアへのレプリカおよびクローンの格納を参照してください。

親仮想マシン プールの親仮想マシンを選択します。
スナップショット(デフォルト イメージ) プールの基本イメージとして使用する親仮想マシンのスナップショットを選択します。
仮想マシンのフォルダの場所 デスクトップ仮想マシン用の vCenter Server のフォルダを選択します。
クラスタ デスクトップ仮想マシン用の vCenter Server クラスタを選択します。
Resource pool(リソース プール) デスクトップ仮想マシン用の vCenter Server リソース プールを選択します。
データストア デスクトップ仮想マシン用の 1 つ以上のデータストアを選択します。

[インスタント クローンのデータストアを選択] ウィンドウは、プールのストレージ要件を評価するためのハイレベルなガイドラインを提供します。これらのガイドラインは、クローンを格納するための十分な大きさがあるデータストアを特定するのに役立ちます。[ストレージ オーバーコミット] の値は常時 [境界なし] に設定され、構成できません。

ドメイン Active Directory ドメインを選択します。ドロップダウン リストには、インスタントクローン ドメイン管理者を構成したときに指定したドメインが表示されます。インスタントクローンのドメイン管理者の追加を参照してください。
AD コンテナ Active Directory コンテナの相対識別名を指定します。

例:CN=Computers

[デスクトップ プールを追加] ウィンドウで、コンテナの Active Directory ツリーを参照できます。

Power-off script(パワーオフ スクリプト) 仮想マシンのパワーオフ前にデスクトップ仮想マシンで実行するスクリプトのパス名とスクリプト パラメータを指定します。
同期後スクリプト 仮想マシンの作成後にデスクトップ仮想マシンで実行するスクリプトのパス名とスクリプト パラメータを指定します。