View Composer サービスには、リンク クローンの作成のための基本イメージの生成元になる親仮想マシンが必要です。

前提条件

  • RDS ホストの仮想マシンが設定されていることを確認します。リモート デスクトップ サービス ホストの設定を参照してください。RDS ホストを設定するには、以前に View 接続サーバに登録されていた仮想マシンを使用しないようにしてください。

    View Composer のために使用する親仮想マシンは、リンク クローン マシンが参加するドメインと同じ Active Directory ドメインに属するか、ローカルの WORKGROUP のメンバーになる必要があります。

  • 仮想マシンが View Composer リンク クローンから変換されたものではないことを確認します。リンク クローンから変換された仮想マシンは、クローンの内部ディスクおよび状態の情報を持っています。親仮想マシンは状態の情報を持つことはできません。
    重要: : リンク クローンおよびリンク クローンから変換された仮想マシンは、親仮想マシンとしてサポートされません。
  • 親仮想マシンに Horizon Agent をインストールするとき、[View Composer Agent] オプションを選択します。リモート デスクトップ サービス ホストへの Horizon Agent のインストールを参照してください。

    大規模な環境で Horizon Agent を更新するには、標準的な Windows 更新メカニズム(Altiris、SMS、LanDesk、BMC などのシステム管理ソフトウェア)を使用できます。再構成操作を使用して Horizon Agent を更新することもできます。

    注: : 親の仮想マシンで VMware View Composer Guest Agent Server サービスのログイン アカウントを変更しないでください。デフォルトでは、これはローカル システム アカウントです。このアカウントを変更すると、この親から作成されたリンク クローンは起動しなくなります。
  • Windows マシンをデプロイするには、ボリューム ライセンス キーを構成し、親仮想マシンのオペレーティング システムをボリューム アクティベーションによってアクティベーションします。インスタント クローンおよび View Composer リンク クローンでの Windows のアクティベーションを参照してください。
  • デバイス ドライバの Windows Update 検索を無効にするための手順を理解しておきます。http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc730606(v=ws.10).aspx にある Microsoft Technet の記事「Disable Searching Windows Update for Device Drivers」を参照してください。
  • RDS ホストと負荷分散機能を実装するには、『View 管理』ドキュメントの「RDS ホストの負荷分散の構成」で説明されているように RDS ホストの親仮想マシンを変更します。

手順

  • 親仮想マシンの DHCP リースを削除して、リースされた IP アドレスがファーム内のリンク クローンにコピーされないようにします。
    1. 親仮想マシンで、コマンド プロンプトを開きます。
    2. ipconfig /release コマンドを入力します。
  • システム ディスクにボリュームが 1 つだけ含まれていることを確認します。
    複数のボリュームを含む親仮想マシンからリンク クローンを展開することはできません。View Composer サービスは、複数のディスク パーティションをサポートしていません。複数の仮想ディスクはサポートされています。
  • 仮想マシンに独立ディスクが含まれていないことを確認します。
    仮想マシンのスナップショットを作成するときに、独立ディスクは除外されます。仮想マシンから作成または再構成されたリンク クローンには、独立ディスクは含まれません。
  • 親仮想マシンから作成されたリンク クローン OS ディスクのサイズを減らすには、ハイバネーション オプションを無効にします。
  • 親仮想マシンのスナップショットをとる前に、デバイス ドライバの Windows Update 検索を無効にします。
    この Windows 機能は、リンク クローン マシンのカスタマイズに干渉する場合があります。各リンク クローンがカスタマイズされると、Windows はインターネット上でそのクローンの最適なドライバを検索し、検索を繰り返してカスタマイズが遅延する結果となります。
  • vSphere Client で、親仮想マシンの [vApp オプション] 設定を無効にします。
  • Windows Server 2008 R2 および Windows Server 2012 R2 マシンで、未使用の機能を削除することによってディスク領域を確保するスケジュール設定されたメンテナンス作業を無効にします。
    例: Schtasks.exe /change /disable /tn "\Microsoft\Windows\AppxDeploymentClient\Pre-staged app cleanup"

    有効にしておくと、リンク クローンの作成後に、このメンテナンス作業により Sysprep カスタマイズ スクリプトが削除され、後続の再構成操作がカスタマイズ操作のタイムアウト エラーで失敗する可能性があります。詳細については、Microsoft KB の記事(http://support.microsoft.com/kb/2928948)を参照してください。

  • Windows Server 2012 マシンに、https://support.microsoft.com/en-us/kb/3020396 から入手可能な Microsoft のホットフィックスを適用します。
    このホットフィックスによって、Sysprep が RDS のロールが有効になっている Windows Server 2012 仮想マシンをカスタマイズできるようになります。このホットフィックスを適用しないと、自動ファームにデプロイされる Windows Server 2012 リンククローン マシンで Sysprep カスタマイズが失敗します。

次のタスク

vSphere Client または vSphere Web Client を使用して、パワーオフ状態の親仮想マシンのスナップショットを作成します。このスナップショットは、親仮想マシンに関連付けられた最初のリンク クローン マシン セットのための基本状態の構成として使用されます。

重要: : スナップショットを作成する前に、ゲスト OS の [シャットダウン] コマンドを使用して、親仮想マシンを完全にシャットダウンします。