View Persona Management を(View 以外の)スタンドアロン ノート型コンピュータにインストールする場合、ユーザーがそのスタンドアロン ノート型コンピュータをオフラインの状態にするときに、ユーザー プロファイルの同期化が持続していることを確認します。

スタンドアロン ノート型コンピュータのユーザーが最新のローカル プロファイルを保有していることを確認するには、View Persona Management のグループ ポリシー設定である Enable background download for laptops を構成します。この設定により、ユーザー プロファイル全体がスタンドアロン ノート型コンピュータにバックグラウンドでダウンロードされます。

ベスト プラクティスとして、ネットワーク接続から外す前にユーザー プロファイルが完全にダウンロードされたことを確認するように、ユーザーに伝えてください。接続を外す前に、Background download complete(バックグラウンドでのダウンロードが完了しました) の通知がノート型コンピュータ画面に表示されるまで待つように、ユーザーに知らせてください。

ユーザーのノート型コンピュータに Background download complete(バックグラウンドでのダウンロードが完了しました) の通知を表示させるには、View Persona Management のグループ ポリシー設定である Show critical errors to users via tray icon alerts を構成します。

プロファイルのダウンロードが完了する前に、ユーザーがネットワーク接続から外した場合、ローカル プロファイルとリモート プロファイルは非同期の状態になる場合があります。オフライン状態の間では、ユーザーは全体がダウンロードされなかったローカル ファイルをアップデートする可能性があります。ユーザーがネットワークに再接続すると、ローカル プロファイルはアップロードされ、リモート プロファイルは上書きされます。元のリモート プロファイルにあったデータは失われる場合があります。

手順の例を次に示します。

前提条件

View Persona Management がユーザーのスタンドアロン ノート型コンピュータ用に構成されていることを確認します。View Persona Management 展開の構成を参照してください。

手順

  1. スタンドアロン ノート型コンピュータを制御する Active Directory OU で、Enable background download for laptops 設定を有効にします。
    グループ ポリシー オブジェクト エディタで、次のフォルダを開きます。 [コンピュータの構成][管理テンプレート][従来の管理テンプレート (ADM)][VMware View Agent の構成][個人設定管理][移動と同期]

    [従来の管理テンプレート (ADM)] フォルダが表示されるのは、Windows 7 以降および Windows Server 2008 以降のリリースのみです。

  2. スタンドアロン ノート型コンピュータでは、View 以外の方法を使用して、ログイン時にユーザーに通知する必要があります。
    たとえば、次のようなメッセージの配信もアイディアの一つです。 個人データはログインした後に、お使いのノート型コンピュータに動的にダウンロードされます。 ノート型コンピュータをネットワーク接続から外す前に、個人データのダウンロードが終了していることを確認してください。個人データのダウンロードが終了すると、「バックグラウンドでのダウンロードが終了しました」という通知が表示されます。