View 接続サーバは Linux 仮想マシン上の Horizon Agent と通信できません。

問題

View Administrator で、Linux 仮想マシンが エージェントに到達できません として表示されます。Horizon Agent がインストールされ、Horizon Agent サービスが Linux マシンで正常に起動した後に、この問題は発生します。

原因

Linux マシンが View 接続サーバ インスタンスの FQDN を解決できないことが原因の 1 つとして考えられます。

インストール後に、Horizon Agent は View 接続サーバ インスタンスの FQDN のリストを構成ファイル /etc/vmware/viewagent-machine.cfg に保存します。Horizon Agent をインストールするときに -b パラメータで View 接続サーバ インスタンスの IP アドレスを指定している場合であっても、Horizon Agent は FQDN を使用します。

2 番目の原因としては、Linux マシン自体のホスト名を解決できないことが考えられます。

解決方法

  1. Linux マシンで Horizon Agent のログ ファイルを開きます。
    /usr/lib/vmware/viewagent/viewagent-debug.log
  2. View 接続サーバ インスタンスのホスト名を解決できないことを示すメッセージを探します。
    例:
    2015-01-31T09:21:33.516Z DEBUG <JMS Handler for:svohraUb12x6> [JmsManager] 
         Using connection broker sm-15q1-broker.myDomain.com 
    2015-01-31T09:21:33.518Z DEBUG <JMS Handler for:svohraUb12x6> [JmsManager] 
         Unable to resolve hostname for sm-15q1-broker.myDomain.com
    
  3. DNS サービスが Linux マシンで適切に構成されていることを確認します。
    DNS を構成する手順は、Linux ディストリビューションとリリースによって異なります。手順については、Linux ディストリビューションのドキュメントを参照してください。

    回避策として、View 接続サーバの FQDN を Linux マシンの /etc/hosts ファイルに手動で追加することができます。しかし、この方法を本番環境で使用することは推奨されません。適切な解決策は、Linux マシンが View 接続サーバの FQDN を解決できるように DNS サービスを構成することです。

    これらの手順を実行したら、View 接続サーバのホスト名に ping を送信して、解決できるかどうかを確認します。例:
     ping sm-15q1-broker.myDomain.com
  4. 問題が継続する場合、Linux マシンのシステム ホスト名が解決可能であることを確認します。
    たとえば、CentOS では、次の手順を実行できます。
    1. ターミナル ウィンドウを開き、hostname コマンドを実行します。
      マシンのホスト名が表示されます。
    2. etc/hosts ファイルを開いて、ホスト名を追加します。
      su
      nano /etc/hosts 
      # Add the hostname:
      127.0.0.1 <ホスト名> 
      
    3. このホスト名に ping を送信し、解決できるかどうかを検証します。
      ping <ホスト名>

解決方法

注: : /etc/resolv.conf ファイルを手動で編集して Linux マシンで DNS サーバを指定している場合、この設定はいくつかの Linux ディストリビューションで失われることがあります。DNS サーバを /etc/hosts ファイルで指定していると、この設定は維持されます。DNS とホスト名の構成に関する詳細な手順については、お使いの Linux ディストリビューションとリリースのドキュメントを参照してください。