既存のアプリケーション プールを編集して、表示名、バージョン、パブリッシャ、パス、開始フォルダ、パラメータ、説明などの設定を構成できます。アプリケーション プールの ID やアクセス グループは変更できません。

アプリケーションを実行するためのリソースが十分にある RDS ホストでのみ View 接続サーバがアプリケーションを起動するようにする場合は、アプリケーション プールのアンチアフィニティ ルールの構成を参照してください。

前提条件

アプリケーション プールの設定について理解しておきます。『Horizon 7 での公開されたデスクトップとアプリケーションのセットアップ』ドキュメントの「アプリケーション プールの作成」を参照してください。

手順

  1. Horizon Administrator で、[カタログ] > [アプリケーション プール] の順に選択します。
  2. プールを選択し、[編集] をクリックします。
  3. プールの設定を変更します。
  4. [OK] をクリックします。