vCenter Server によって管理される仮想マシンは、動作と可用性がさまざまな状態になる可能性があります。Horizon Administrator では、マシン ページの右側の列で [マシン] のステータスを追跡できます。

表 1に、Horizon Administrator で表示される仮想マシン デスクトップの動作状態を示します。デスクトップの状態は一度に 1 つだけです。

表 1. vCenter Server によって管理される仮想マシンのステータス
ステータス 説明
プロビジョニング 仮想マシンがプロビジョニングされています。
カスタマイズ 自動プールの仮想マシンがカスタマイズされています。
削除中 仮想マシンが削除としてマークされています。Horizon 7 はすぐに仮想マシンを削除します。
エージェントの待機 Horizon 接続サーバは、手動プール内の仮想マシン上の View Agent または Horizon Agent との通信の確立を待機しています。
メンテナンス モード 仮想マシンはメンテナンス モードです。ユーザーは仮想マシンにログインすることも使用することもできません。
スタートアップ View Agent または Horizon Agent は仮想マシン上で起動されましたが、表示プロトコルなどの他の必要なサービスがまだ起動中です。たとえば、RDP の起動が終了するまで、View Agent はクライアント コンピュータとの RDP 接続を確立できません。エージェントの起動期間に、プロトコル サービスなどの他のプロセスも起動できます。
エージェントが無効です この状態は 2 つのケースで発生します。最初に、[ログオフ時にマシンを削除または更新] または [ログオフ後にマシンを削除] 設定を有効にしたデスクトップ プールで、デスクトップ セッションがログアウトされますが、仮想マシンはまだ更新または削除されていません。次に、View 接続サーバは仮想マシンの電源をオフにする要求を送信する直前に View Agent または Horizon Agent を無効にします。

この状態では、新しいデスクトップ セッションが仮想マシンで起動できません。

エージェントに到達できません Horizon 接続サーバは仮想マシン上の View Agent または Horizon Agent と通信を確立できません。
無効な IP サブネット マスク レジストリ設定は仮想マシンで構成され、構成された範囲内に IP アドレスを持つアクティブ ネットワーク アダプタはありません。
エージェントを再起動する必要があります Horizon 7 コンポーネントがアップグレードされました。仮想マシンを再起動して、View Agent または Horizon Agent がアップグレードされたコンポーネントで動作できるようにする必要があります。
プロトコル障害 表示プロトコルは、View Agent または Horizon Agent の起動期間満了前に起動しませんでした。
注: : View Administrator は、1 つのプロトコルに障害が発生しても他のプロトコルが問題なく起動した時に [プロトコル障害] 状態でマシンを表示できます。たとえば、 [プロトコル障害] 状態は、HTML Access に障害が発生したが PCoIP および RDP が動作している時に表示される場合があります。この場合、マシンは使用でき、 Horizon Client デバイスは PCoIP または RDP を介してデスクトップにアクセスできます。
ドメイン障害 仮想マシンがドメインへの到達問題に遭遇しました。ドメイン サーバがアクセス可能でないか、ドメイン認証が失敗しました。
すでに使用されています [ログオフ時にマシンを削除または更新] または [ログオフ後マシンを削除] 設定を有効にしたデスクトップ プールで、仮想マシンにセッションはありませんが、セッションがログオフされませんでした。

この状態は、仮想マシンが予期せずシャットダウンしたり、ユーザーがセッション中にマシンをリセットすると発生します。デフォルトでは、仮想マシンがこの状態になると、Horizon 7 では他の Horizon Client デバイスがデスクトップにアクセスできなくなります。

構成エラー RDP または PCoIP などの表示プロトコルが有効になっていません。
プロビジョニング エラー プロビジョニング中にエラーが発生しました。
エラー 仮想マシンで不明なエラーが発生しました。
未割り当てのユーザーが接続されました 割り当て済みユーザー以外のユーザーが専用プール内の仮想マシンにログインしています。

たとえば、この状態は、管理者が vSphere Client を起動し、仮想マシン上のコンソールを開き、ログインした場合に発生することがあります。

未割り当てのユーザーが切断されました 割り当て済みユーザー以外のユーザーがログインしており、専用割り当てプール内の仮想マシンから切断されています。
不明 仮想マシンは不明な状態にあります。
プロビジョニング済み 仮想マシンがパワーオフまたはサスペンドになっています。
使用可能 仮想マシンがパワーオンされており、接続の準備ができています。専用プールで、仮想マシンがユーザーに割り当てられ、ユーザーのログイン時に起動します。
接続済み 仮想マシンがセッション内にあり、Horizon Client デバイスに対してリモート接続されています。
切断されました 仮想マシンはセッション内にありますが、Horizon Client デバイスからは切断されています。
進行中 仮想マシンはメンテナンス操作中は切り替え状態です。

ある特定の状態にあるマシンで、さらに別の状況が発生している場合もあります。Horizon Administrator では、これらの状況がマシンの状態の後に表示されます。たとえば、Horizon Administrator に カスタマイズ (見つかりません)状態が表示されることがあります。

表 2 に、これらの追加の状況を示します。

表 2. マシンのステータス状況
状況 説明
Missing(不明) 仮想マシンは vCenter Server 内にありません。

通常は、仮想マシンが vCenter Server で削除されたのに、Horizon LDAP 構成にまだマシンのレコードが含まれています。

Task halted(タスクの停止) インスタント クローンのイメージ プッシュなどのタスク、または View Composer の更新、再構成、再分散などの操作は停止されます。

再構成操作のトラブルシューティングの詳細については、失敗した再構成の修正を参照してください。

View Composer のエラー状態の詳細については、『Horizon 7 での仮想デスクトップのセットアップ』ドキュメントの「View Composer のプロビジョニング エラー」を参照してください。

Task halted(タスクの停止)状況は、操作のために選択されたが、操作がまだ開始されていないすべての仮想マシンに適用されます。プール内にある、操作のために選択されていない仮想マシンは Task halted(タスクの停止)状況には置かれません。

View Composer タスクが停止され、仮想マシンが vCenter Server 内にない場合、マシンの状態は両方の状況(不明、タスクの停止)になる可能性があります。