View Administrator で RDS ホストのステータスを監視しプロパティを表示できます。

手順

View Administrator で、必要なプロパティが表示されるページへ移動します。
プロパティ アクション
RDS ホスト、ファーム、デスクトップ プール、エージェント バージョン、セッション、ステータス
  • View Administrator で、[リソース] > [マシン] を選択します。
  • [RDS ホスト] タブをクリックします。リンククローン RDS ホストと手動で設定した RDS ホストの両方が表示されます。
DNS 名、タイプ、RDS ファーム、接続の最大数、エージェント バージョン、有効、ステータス
  • View Administrator で、[View 構成] > [登録済みのマシン] を選択します。
  • [RDS ホスト] タブをクリックします。手動で設定した RDS ホストのみが表示されます。

結果

表示されるプロパティには、次の意味があります。

プロパティ 説明
RDS ホスト RDS ホスト名。
ファーム RDS ホストが属しているファーム。
デスクトップ プール ファームに関連付けられている RDS デスクトップ プール。
エージェント バージョン RDS ホストで実行される View Agent または Horizon Agent のバージョン。
セッション クライアント セッション数。
DNS 名 RDS ホストの DNS 名。
タイプ RDS ホストで実行される Windows Server のバージョン。
RDS ファーム RDS ホストが属しているファーム。
接続の最大数 RDS ホストでサポートされる接続の最大数。
有効 RDS ホストが有効になっているか。
ステータス RDS ホストの状態。取りうる状態の説明は、RDS ホストのステータスを参照してください。