マシンの更新操作により、各リンク クローンのオペレーティング システム ディスクを元の状態とサイズに復元し、ストレージ コストを削減します。

可能であれば、オフピーク時に更新操作をスケジュール設定します。

ガイドラインについては、マシンの更新操作を参照してください。

前提条件

  • 更新操作のスケジュールを決定します。デフォルトでは、View Composer はすぐに操作を開始します。

    特定のリンク クローンに対し、一度にスケジュール設定できる更新操作は 1 回だけです。更新操作がさまざまなリンク クローンに影響する場合は、複数の更新操作をスケジュール設定できます。

  • 操作が開始されたらただちにすべてのユーザーを強制的にログオフさせるか、各ユーザーがログオフするのを待機してからそのユーザーのリンク クローン デスクトップを更新するかを決定します。

    ユーザーを強制的にログオフさせる場合、View は切断する前にユーザーに通知するため、ユーザーはアプリケーションを閉じてログオフすることができます。

    ユーザーを強制的にログオフさせる場合、ログオフが必要なリモート デスクトップ上の同時更新操作の最大数は [最大同時 View Composer メンテナンス操作数] 設定の値の半分になります。たとえば、この設定を 24 にし、ユーザーを強制的にログオフさせる場合、ログオフが必要なリモート デスクトップ上の同時更新操作の最大数は 12 になります。

  • 複製された View 接続サーバ インスタンスが展開内に含まれる場合は、すべてのインスタンスが同一バージョンであることを確認します。

手順

  1. View Administrator で、[カタログ] > [デスクトップ プール] を選択します。
  2. 左の列のプール ID をダブルクリックして、更新するデスクトップ プールを選択します。
  3. 複数の仮想マシンを更新するか、単一の仮想マシンを更新するかを選びます。
    オプション 操作
    デスクトップ プール内のすべての仮想マシンを更新するには
    1. View Administrator で、[カタログ] > [デスクトップ プール] を選択します。
    2. 左の列のプール ID をダブルクリックして、更新するデスクトップ プールを選択します。
    3. [インベントリ] タブで [マシン] をクリックします。
    4. Ctrl キーまたは Shift キーを使用して、左の列のマシン ID をすべて選択します。
    5. [View Composer] ドロップダウン メニューから [更新] を選択します。
    単一の仮想マシンを更新するには
    1. View Administrator で、[リソース] > [マシン] を選択します。
    2. 左の列のマシン ID をダブルクリックして、更新するマシンを選択します。
    3. [サマリ] タブで、[View Composer] ドロップダウン メニューから [更新] を選択します。
  4. ウィザードの手順に従います。

結果

OS ディスクが元のサイズに縮小されます。

vCenter Server で、リンク クローン仮想マシンの更新操作の進捗を監視できます。

View Administrator では、[カタログ] > [デスクトップ プール] を選択し、プール ID をダブルクリックし、[タスク] タブをクリックすることにより、操作を監視できます。[タスクをキャンセル][タスクを一時停止]、または [タスクをレジューム] をクリックし、タスクを終了したり、タスクを保留にしたり、保留にしたタスクを再開したりすることができます。