USB デバイスは BadUSB と呼ばれるセキュリティ脅威に対して脆弱である可能性があり、一部の USB デバイスではファームウェアがハイジャックされたり、マルウェアに置き換えられたりする場合があります。 たとえば、ネットワーク トラフィックをリダイレクトしたり、キーボードをエミュレートしてキーストロークを取得したりするデバイスを作成できます。 このようなセキュリティ上の脆弱性から View の展開が保護されるように USB リダイレクト機能を構成できます。

USB リダイレクトを無効にすることで、すべての USB デバイスがユーザーの View デスクトップやアプリケーションにリダイレクトされないようにできます。 あるいは、特定の USB デバイスのリダイレクト機能を無効にすることで、ユーザーが自分のデスクトップやアプリケーションで特定のデバイスにしかアクセスできないようにすることができます。

組織のセキュリティ要件に従って、このような設定を施すかどうかを決定してください。 これらの設定は必須ではありません。 View の展開で、USB リダイレクトをインストールし、すべての USB デバイスでその機能を有効なままにしておくこともできます。 少なくとも、組織がこのセキュリティ上の脆弱性に晒される可能性をどの程度まで限定する必要があるかについて、慎重に検討してください。