Windows を実行している View デスクトップで提案ポリシーを構成して、View 接続サーバへのメッセージ バス接続のセキュリティを制御できます。

接続の問題を回避するため同じポリシーを受け入れるように View 接続サーバが構成されていることを確認します。

手順

  1. View デスクトップで Windows レジストリ エディタを起動します。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\VMware, Inc.\VMware VDM\Agent\Configuration レジストリ キーに移動します。
  3. 新しい文字列 (REG_SZ) 値 ClientSSLSecureProtocols を追加します。
  4. [\LIST:protocol_1,protocol_2,...] の形式で暗号化スイートのリストに値を設定します。
    最も新しいプロトコルを最初にしてプロトコルを表示します。例:
    \LIST:TLSv1.2,TLSv1.1,TLSv1
  5. 新しい文字列 (REG_SZ) 値 ClientSSLCipherSuites を追加します。
  6. [\LIST:cipher_suite_1,cipher_suite_2,...] の形式で暗号化スイートのリストに値を設定します。
    ここでは優先される順番で表示する必要があり、最も利用したい暗号化スイートを最初に表示します。 例:
    \LIST:TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256,TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA