JMP Integrated Workflow 機能を使用する前に、JMP Server をインストールして構成する必要があります。

VMware Horizon 7 バージョン 7.5 以降をダウンロードすると、JMP Server インストーラ ファイルが含まれています。Horizon 7 バージョン 7.5 以降が正常にインストールされたら、JMP Server インストーラを個別に実行する必要があります。

前提条件

  • JMP Server をインストールに必要なコンポーネントがシステム要件を満たしていることを確認します。JMP Server のシステム要件を参照してください。
  • Windows Server ホストで JMP Server インストーラを実行するには、そのホスト システムの管理者権限を持つドメイン ユーザー アカウントを使用する必要があります。
  • JMP Server インスタンスが使用する SQL Server データベースがリモート システムに作成され、このデータベースに対して適切なアクセス権があることを確認します。JMP Server の SQL Server データベースの作成を参照してください。
  • JMP Server のインストールに使用するJMP Server ホストと Windows ドメイン ユーザー アカウントに、SQL Server のログイン情報とアクセス権が設定されていることを確認します。JMP Server ホストに SQL Server のログイン情報を作成するを参照してください。
  • JMP Integrated Workflow 機能で使用するセキュア/非セキュア HTTP ポートと署名付き証明書の情報を収集します。
  • 証明書認証局によって署名された TLS 証明書を取得して、JMP Server インストーラによってインストールされたデフォルトの TLS 証明書と置き換えます。
  • JMP Server をインストールする前に、次の表を参照して、使用するインストールのタイプを決めます。
    インストール タイプ JMP Server インストーラによって実行されるアクション
    本番環境 SQL Server Standard または Enterprise エディションを使用する JMP Server インスタンスを生成します。
    開発環境または事前検証 (PoC) の環境 SQL Server Express を使用する JMP Server インスタンスを生成します。
  • JMP Server をインストールする前に、McAfee Antivirus の除外リストに次のファイルを追加します。
    • C:\Program Files (x86)\VMware\JMP\nssm-2.24\nssm-2.24\win32\nssm.exe
    • C:\Program Files (x86)\VMware\JMP\com\xmp\node_modules\winser\bin\nssm.exe

手順

  1. [VMware JMP インストーラ] ウィザードを開始するには、JMP Server インストーラ ファイルを見つけて、ダブルクリックします。

    JMP Server インストーラのファイル名は、VMware-Jmp-Installer-e.x.p-xxxxxxx.exe で、xxxxxxx はビルド番号です。例:VMware-Jmp-Installer-e.x.p-7259616.exe

    注: インストール プロセスをログに記録する場合は、ログ ファイルを作成するフォルダをここでは、コマンド プロンプトから JMP Server インストーラを実行します。 Log_Folder_Path はログ ファイルの作成先です。
    VMware-Jmp-Installer-e.x.p-xxxxxxx.exe /log:"Log_Folder_Path"
  2. [ようこそ] ページで [次へ] をクリックし、VMware のライセンス条件に同意します。
  3. HTTPS トラフィックを許可するには、[次へ] をクリックします。
    注: ポート 80 で HTTP トラフィックを許可するには、 [HTTP を許可しますか? ] チェック ボックスをオンにします。
  4. SQL Server インスタンスとデータベース カタログ情報を入力します。
    1. JMP Server に作成したデータベースに接続する SQL Server インスタンスの IP アドレスまたは名前を入力します。必要であれば、[参照] をクリックして選択します。
    2. SQL Server データベースとの接続で使用する認証情報を選択します。
      オプション 説明
      [現在のユーザーの Windows 認証情報] このインストール プロセスで使用している管理者の認証情報が、SQL Server データベース インスタンスとの接続で使用されます。
      [次のログイン ID およびパスワードを利用したサーバ認証] [ログイン ID][パスワード] に、SQL Server データベース インスタンスとの接続で使用する ID とパスワードを入力します。
      注: パスワードは SQL 認証パスワードとして機能します。 , ; = ( ) . を含まないようにする必要があります。

      これらの文字がパスワードに含まれていると、Dynamic Environment Manager コンポーネントのインストールに失敗し、ロールバックされます。

      注: 使用するログイン認証情報は、 JMP Server がアクセスする SQL Server インスタンスですでに設定されている必要があります。 JMP Server ホストに SQL Server のログイン情報を作成するを参照してください。
    3. [データベース カタログ名] テキスト ボックスに、JMP Server の SQL Server データベースの作成で作成したデータベースの名前を入力します。必要であれば、[参照] をクリックして、使用可能なリストからデータベース カタログを選択します。
      選択したデータベース カタログに、 JMP Server サービスに関する情報が保存されます。
    4. (オプション)既存のデータベースを上書きする場合は、[既存のデータベースを上書きする] チェック ボックスをオンにします。
      注: 初めて JMP Server インストーラを実行した場合は、必要なデータベース テーブルが作成されます。ロード バランシングの目的で複数の JMP Server インスタンスを作成するためにインストーラを再度実行した場合、インストーラはデータベースの存在を確認し、テーブルを再作成しません。このオプションを選択すると、データベース内の既存の情報が上書きされます。
    5. JMP Server と SQL Server インスタンス間でセキュアな通信を行うには、[SSL を有効にする] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。デフォルトでは、[SSL の有効化] チェック ボックスが選択されています。
      重要: [SSL の有効化] チェック ボックスが選択されている場合は、SQL Server で使用する TLS/SSL 証明書が JMP Server ホストの Windows ローカル証明書ストアにインポートされていることを確認します。そうしないと、 JMP Server インストール プロセスが失敗し、「 uem_migrate.bat ファイルの実行に失敗しました」というエラーが発生します。エラー ダイアログ ボックスで [OK] をクリックすると、インストールがロールバックします。

      SQL Server の TLS/SSL 証明書をエクスポートまたはインポートする方法については、Microsoft TechNet の記事、 How to enable SSL encryption for an instance of SQL Server by using Microsoft Management Console で「Enable encryption for a specific client」を参照してください。

    6. [次へ] をクリックします。
  5. [プログラムのインストール準備] ページで、[インストール] をクリックします。
  6. インストールが正常に終了したら、[終了] をクリックします。

結果

インストールに成功すると、Windows Server ホストに次の JMP Server サービスがインストールされ、開始します。
  • VMware JMP API Service
  • VMware JMP File Share Service
  • VMware JMP Platform Services

次のタスク

新しくインストールされた JMP Serverインスタンスとそれに関連する Horizon Connection Server の時間を同期します。Horizon 接続サーバと JMP Server ホスト間の時間の同期を参照してください。