HTML Access のグループ ポリシー設定は、テンプレート ファイルで指定されています。ADMX テンプレート ファイルの名前は vdm_blast.admx です。テンプレートは、HTML Access が使用する唯一の表示プロトコルである VMware Blast 表示プロトコル用です。

HTML Access 4.0 および Horizon 7.0 の場合、VMware Blast グループ ポリシー設定は『Horizon 7 でのリモート デスクトップ機能の構成』ドキュメントの「VMware Blast ポリシー設定」に記載されています。

次の表は、HTML Access 3.5 以前および Horizon 6.2.x 以前を使用している場合に HTML Access に適用されるグループ ポリシー設定について示しています。Horizon 7.0 以降では、より多くの VMware Blast グループ ポリシー設定を使用できます。

表 1. HTML Access 3.5 以前のグループ ポリシー設定
設定 説明
空の画面 リモート仮想マシンが、HTML Access セッション中に Horizon 7 の外から見ることができるかどうかを制御します。たとえば、管理者は vSphere Web クライアントを使用して、ユーザーが HTML Access を介してデスクトップに接続されている間に仮想マシンでコンソールを開く場合があります。

この設定が有効になっているか構成されてない場合で、HTML Access セッションがアクティブである間に誰かが Horizon 7 の外からリモート仮想マシンにアクセスを試みる場合、リモート仮想マシンは空の画面を表示します。

セッションのガーベッジ コレクション 破棄されたリモート セッションのガーベッジ コレクションを制御します。この設定を有効にすると、ガーベッジ コレクションの間隔としきい値を構成できます。

間隔はガーベッジ コレクタが実行される頻度を制御します。ミリ秒単位で間隔を設定します。

しきい値は、セッションが破棄された後でそれが削除候補となる前までに必要となる経過時間を決定します。秒単位でしきい値を設定します。

クリップボード リダイレクトの構成 クリップボード リダイレクトを許可する方向を決定します。テキストのみをコピーおよび貼り付けできます。次のいずれかの値を選択できます。
  • [クライアントからサーバの方向のみ有効] (すなわち、クライアント システムからリモート デスクトップにのみ、コピーおよび貼り付けを許可します。)
  • [どちらの方向も無効]
  • [どちらの方向も有効]
  • [サーバからクライアントの方向のみ有効] (すなわち、リモート デスクトップからクライアント システムにのみ、コピーおよび貼り付けを許可します。)

この設定は View Agent または Horizon Agent にのみ適用されます。

この設定が無効または構成されていない場合、デフォルト値は [クライアントからサーバの方向のみ有効] です。

HTTP サービス Blast Agent サービス用のセキュアな (HTTPS) TCP ポートに変更可能です。デフォルトのポートは 22443 です。

この設定を有効にしてポート番号を変更します。この設定を変更する場合は、影響を受けるリモート デスクトップ(View Agent または Horizon Agent のインストール先)のファイアウォールの設定も更新する必要があります。