モバイル デバイスで、ログ ファイルが保存されているディレクトリに移動するために、サードパーティ製プログラムをインストールする必要がある場合があります。 モバイル クライアントには、ログ バンドルを VMware に送信する構成設定があります。 ログ記録がパフォーマンスに影響することがあるため、ログの有効化は、問題をトラブルシューティングする必要がある場合のみ行ってください。

iOS クライアントのログ

iOS クライアントの場合、User Programs/Horizon/tmp ディレクトリと Documents ディレクトリにログ ファイルがあります。 これらのディレクトリに移動するには、最初に iFunbox などのサードパーティ製アプリケーションをインストールする必要があります。

Horizon Client 設定で [ログ記録] 設定をオンにすると、ログを有効にすることができます。 この設定が有効になっていると、クライアントが予期せずに終了したり、クライアントを終了してから再起動したりすると、ログ ファイルは結合されて 1 つの GZ ファイルに圧縮されます。 そのバンドルを VMware に電子メールで送信できます。 デバイスが PC または Mac に接続されている場合は、iTunes を使用してログ ファイルを取得することもできます。

Android クライアントのログ

Android クライアントでは、ログ ファイルは Android/data/com.vmware.view.client.android/files/ ディレクトリにあります。 このディレクトリに移動するには、最初に File Explorer や My Files などのサードパーティ製アプリをインストールする必要があります。

デフォルトでは、ログが作成されるのは、アプリケーションが予期せずに終了した後のみです。 このデフォルトを変更するには、Horizon Client 設定で [ログの有効化] 設定をオンにします。 ログ バンドルを VMware に電子メールで送信するには、クライアントの全般設定で [ログの送信] 設定を使用します。

Chrome クライアントのログ

Chrome クライアントでは、ログは JavaScript コンソールのみで使用可能です。

Windows ストア クライアントのログ

Windows 版 Horizon Client ではなくて Windows ストア版 Horizon Client がインストールされている Windows ストア クライアントでは、ログ ファイルは C:\Users\%username%\AppData\Local\Packages\VMwareInc.VMwareViewClient_23chmsjxv380w\LocalState\logs ディレクトリに配置されます。

ログを有効にするには、クライアントの全般設定で [詳細なログ記録を有効にする] 設定をオンにしてから [サポート情報の収集] ボタンを使用します。 ログ用のフォルダを選択するように求められます。このフォルダは、その他のフォルダと同じように圧縮できます。