保護する必要があるリソースには、セキュリティ関連の構成ファイルが含まれます。

表 1. 各クライアント タイプの構成ファイルの場所
タイプ ディレクトリ パス
Linux クライアント

Horizon Client の起動時、各場所で構成設定が次の順序で処理されます。

  1. /etc/vmware/view-default-config
  2. ~/.vmware/view-preferences
  3. /etc/vmware/view-mandatory-config

設定が複数の場所で定義されている場合、使用される値は、読み取られた最後のファイルまたはコマンドライン オプションの値になります。

Windows クライアント

個人情報が含まれる場合があるユーザー設定は、次のファイルにあります。

C:\Users\user-name\AppData\Roaming\VMware\VMware Horizon View Client\prefs.txt

Mac クライアント
Mac クライアントの起動後に生成される、一部の構成ファイル。
  • $HOME/Library/Preferences/com.vmware.horizon.plist
  • $HOME/Library/Preferences/com.vmware.vmrc.plist
  • $HOME/Library/Preferences/com.vmware.horizon.keyboard.plist
  • /Library/Preferences/com.vmware.horizon.plist
Chrome クライアント セキュリティ関連の設定は、構成ファイルではなく、ユーザー インターフェイスに表示されます。 構成ファイルは、どのユーザーに対しても表示されません。
iOS クライアント セキュリティ関連の設定は、構成ファイルではなく、ユーザー インターフェイスに表示されます。 構成ファイルは、どのユーザーに対しても表示されません。
Android クライアント セキュリティ関連の設定は、構成ファイルではなく、ユーザー インターフェイスに表示されます。 構成ファイルは、どのユーザーに対しても表示されません。
Windows ストア クライアント セキュリティ関連の設定は、構成ファイルではなく、ユーザー インターフェイスに表示されます。 構成ファイルは、どのユーザーに対しても表示されません。
View Agent または Horizon Agent(Windows オペレーティング システムを搭載したリモート デスクトップ) セキュリティ関連の設定は、Windows レジストリのみに表示されます。
Linux デスクトップ

テキスト エディタを使用して次の構成ファイルを開き、SSL 関連の設定を指定できます。

/etc/vmware/viewagent-custom.conf