セキュリティ上の理由により、Horizon Client によってデーモンまたはプロセスがインストールされているかどうかを知ることが重要です。

表 1. Horizon Client によってクライアント タイプごとにインストールされたサービス、プロセス、またはデーモン
Type サービス、プロセス、またはデーモン
Linux クライアント
  • vmware-usbarbitrator。クライアントに接続されているさまざまな USB デバイスを列挙し、クライアントに接続するデバイスとリモート デスクトップに接続するデバイスを決定します。
  • vmware-view-used。USB リダイレクト機能のサービスを提供します。
注: : これらのデーモンは、インストール時に [インストール後にサービスを登録して起動する] チェック ボックスをクリックすると自動的に開始されます。これらのプロセスはルートとして動作します。
Mac クライアント Horizon Client はデーモンを作成しません。
Chrome クライアント Horizon Client は 1 つの Android プロセスで動作します。Horizon Client はデーモンを作成しません。
iOS クライアント Horizon Client はデーモンを作成しません。
Android クライアント Horizon Client は 1 つの Android プロセスで動作します。Horizon Client はデーモンを作成しません。
Windows ストア クライアント Horizon Client はシステム サービスの作成やトリガを行いません。
Linux デスクトップ
  • StandaloneAgent。root 権限で実行され、Linux システムの稼動時に開始されます。StandaloneAgent。Horizon 接続サーバと通信し、リモート デスクトップのセッション管理(セッションのセットアップや分解を行い、接続サーバのブローカーに対するリモート デスクトップ ステータスの更新)を実行します。
  • VMwareBlastServerStartSession 要求が接続サーバから受信されると StandaloneAgent によって開始されます。VMwareBlastServer デーモンは vmwblast(Linux Agent のインストール時に作成されるシステム アカウント)権限で実行されます。StandaloneAgent との通信には内部の MKSControl チャネルを使用し、Horizon Client との通信には Blast プロトコルを使用します。