View 接続サーバの初期構成が完了したら、View と View Composer の構成データの定期的なバックアップをスケジュール設定する必要があります。View Administrator を使用して、View と View Composer のデータを保持できます。

View は、View 接続サーバの構成データを View LDAP リポジトリに保存します。View Composer はリンク クローン デスクトップの構成データを View Composer データベースに保存します。

View Administrator を使用してバックアップを実行すると、View が View LDAP 構成データと View Composer データベースをバックアップします。両方のバックアップ ファイル セットは同じ場所に保存されます。View LDAP データは暗号化された LDAP データ交換形式(LDIF)でエクスポートされます。View LDAP については、View LDAP ディレクトリを参照してください。

バックアップは複数の方法で実行できます。

  • View 構成バックアップ機能を使用して自動バックアップをスケジュール設定します。
  • View Administrator の [今すぐバックアップ] 機能を使用してすぐにバックアップを開始します。
  • vdmexport ユーティリティを使用して、手動で View LDAP データをエクスポートします。このユーティリティは、View 接続サーバの各インスタンスで提供されます。

    vdmexport ユーティリティは、View LDAP データを暗号化された LDIF データ、プレーン テキスト、パスワードなどの機密データが削除されたプレーン テキストとしてエクスポートできます。

    注: : vdmexport ツールは View LDAP データのみをバックアップします。このツールは View Composer データベース情報はバックアップしません。

    vdmexport の詳細については、View 接続サーバにらの構成データのエクスポートを参照してください。

次のガイドラインは、View 構成データのバックアップに適用されます。

  • View は任意の View 接続サーバ インスタンスから構成データをエクスポートできます。
  • 複製されたグループに複数の View 接続サーバ インスタンスがある場合は、1 つのインスタンスのデータをエクスポートするだけで済みます。複製されたすべてのインスタンスに同じ構成データが含まれています。
  • View 接続サーバの複製されたインスタンスを使用しているからといって、バックアップ メカニズムが機能していると考えないでください。View が View 接続サーバの複製されたインスタンスのデータの同期を実行するとき、1 つのインスタンスで何らかのデータが失われていると、グループのすべてのメンバーでそのデータが失われる可能性があります。
  • View 接続サーバが複数の View Composer サービスで複数の vCenter Server インスタンスを使用する場合、View は vCenter Server インスタンスに関連付けられているすべての View Composer データベースをバックアップします。