VMware のテクニカル サポートによる Horizon Agent のトラブルシューティングを支援するため、vdmadmin コマンドを使用してデータ収集ツール (DCT) バンドルを作成することが必要になる場合があります。vdmadmin を使用せずに、手動で DCT バンドルを取得することもできます。

vdmadmin コマンドを接続サーバ インスタンスで使用して、DCT バンドルをリモート デスクトップから要求すると便利です。バンドルは接続サーバに返されます。

別の方法として、特定のリモート デスクトップにログインし、そのデスクトップ上に DCT バンドルを作成する support コマンドを実行することもできます。ユーザー アカウント制御 (UAC) をオンにした場合は、この方法で DCT バンドルを取得する必要があります。

手順

  1. 必要な権限を持つユーザーとしてログインします。
    オプション アクション
    View 接続サーバで vdmadmin を使用 接続サーバの標準インスタンスまたはレプリカ インスタンスに 管理者ロールを持つユーザーとしてログインします。
    リモート デスクトップ上 管理者権限を持つユーザーとしてリモート デスクトップにログインします。
  2. コマンド プロンプトを開き、DCT バンドルを生成するコマンドを実行します。
    オプション アクション
    View 接続サーバで vdmadmin を使用 出力バンドル ファイル、デスクトップ プール、マシンの名前を指定するには、vdmadmin コマンドで -outfile-d、および -m オプションを使用します。
    vdmadmin-A [-bauthentication_arguments] -getDCT-outfilelocal_file-ddesktop-mmachine
    リモート デスクトップ上 ディレクトリを c:\Program Files\VMware\VMware View\Agent\DCT に変更して、次のコマンドを実行します。
    support

結果

このコマンドを実行すると、指定した出力ファイルにバンドルが書き込まれます。

vdmadmin を使用した Horizon Agent のバンドル ファイルの作成

デスクトップ プール dtpool2 のマシン machine1 用の DCT バンドルを作成して、zip ファイル C:¥myfile.zip に書き込みます。

vdmadmin -A -d dtpool2 -m machine1 -getDCT -outfile C:\myfile.zip

次のタスク

既存のサポート要求がある場合は、この DCT バンドル ファイルを添付してサポート要求を更新できます。