vdmadmin コマンドと -C オプションを使用して、View 接続サーバ グループの名前を設定できます。Microsoft System Center Operations Manager(SCOM)コンソールには、SCOM 内でグループを識別できるようにこの名前が表示されます。

構文

        vdmadmin
        -C [-b authentication_arguments] [-c groupname]

使用上の注意

View コンポーネントの状態の監視と管理に SCOM を使用する予定の場合は、View 接続サーバ グループに名前を付ける必要があります。View Administrator ではグループの名前が表示されません。名前を付けるグループのメンバーでコマンドを実行します。

グループの名前を指定しない場合、このコマンドはローカルの View 接続サーバ インスタンスが属するグループの GUID を返します。GUID を使用して、View 接続サーバ インスタンスが、別の View 接続サーバ インスタンスと同じ View 接続サーバ グループのメンバーであるかどうかを確認できます。

View で SCOM を使用する方法については、『View の統合』ドキュメントを参照してください。

オプション

-c オプションは View 接続サーバ グループの名前を指定します。このオプションを指定しない場合、コマンドはグループの GUID を返します。

View 接続サーバ グループの名前を VCSG01 に設定します。

vdmadmin -C -c VCSG01

グループの GUID を返します。

vdmadmin -C