View Composer 構成のバックアップ ファイルを、リンククローン情報が格納された View Composer データベースにインポートできます。

SviConfig restoredata コマンドを使用して、システムの障害の発生後に View Composer データベース データを復元したり、View Composer 構成を以前の状態に戻したりすることができます。

重要: : SviConfig ユーティリティは、熟練した View Composer 管理者のみが使用する必要があります。このユーティリティは、View Composer サービスに関連する問題を解決するためのものです。

前提条件

View Composer データベース バックアップ ファイルの場所を確認します。デフォルトでは、View はバックアップ ファイルを View 接続サーバ コンピュータの C: ドライブ(C:\Programdata\VMWare\VDM\backups)に格納します。

View Composer バックアップ ファイルは日付スタンプと .svi サフィックスが付く命名規則を使用します。

Backup-YearMonthDayCount-vCenter Server Name_Domain Name.svi

例:Backup-20090304000010-foobar_test_org.svi

SviConfig restoredata パラメータについて理解しておく必要があります。

  • DsnName - データベースに接続するために使用される DSN。DsnName パラメータは必須で、空の文字列にすることはできません。
  • Username - データベースに接続するために使用されるユーザー名。このパラメータを指定しない場合、Windows 認証が使用されます。
  • Password - データベースに接続するために使用されるパスワード。このパラメータが指定されておらず、Windows 認証が使用されない場合、後でパスワードの入力を求められます。
  • BackupFilePath - View Composer バックアップ ファイルへのパス。

DsnName および BackupFilePath パラメータは必須で、空の文字列にすることはできません。Username および Password パラメータはオプションです。

手順

  1. View Composer バックアップ ファイルを、View 接続サーバ コンピュータから、VMware Horizon View Composer サービスがインストールされているコンピュータからアクセス可能な場所にコピーします。
  2. View Composer がインストールされているコンピュータで、VMware Horizon View Composer サービスを停止します。
  3. Windows のコマンド プロンプトを開き、SviConfig 実行可能ファイルに移動します。
    このファイルは、View Composer アプリケーションと同じ場所にあります。デフォルト パスは C:\Program Files (x86)\VMware\VMware View Composer\sviconfig.exe です。
  4. SviConfig restoredata コマンドを実行します。
    sviconfig -operation=restoredata
              -DsnName=target_database_source_name_(DSN)
              -Username=database_administrator_username
              -Password=database_administrator_password
              -BackupFilePath=path_to_View_Composer_backup_file
    例:
    sviconfig -operation=restoredata -dsnname=LinkedClone
    -username=Admin -password=Pass 
    -backupfilepath="C:\Program Files (x86)\VMware\VMware View 
    Composer\Backup-20090304000010-foobar_test_org.SVI"
  5. VMware Horizon View Composer サービスを開始します。

次のタスク

SviConfig restoredata コマンドの出力結果コードについては、View Composer データベースの復元の結果コードを参照してください。