管理者は、公開アプリケーションに非認証でアクセスするユーザーを作成できます。管理者が非認証アクセスのユーザーを設定すると、ユーザーは Horizon Client から非認証アクセスでのみ接続サーバ インスタンスにログインできます。

前提条件

  • 非認証アクセスを設定する Active Directory (AD) ユーザーに有効な UPN があることを確認します。非認証アクセス ユーザーに設定できるのは Active Directory ユーザーだけです。
注: : 管理者が作成できるユーザーは、Active Directory アカウントごとに 1 つだけです。管理者は、非認証のユーザー グループを作成できません。非認証アクセス ユーザーを作成するときに、この Active Directory ユーザーに対する既存のクライアント セッションがある場合には、変更を反映するためにクライアント セッションを再起動する必要があります。

手順

  1. Horizon Administrator で、[ユーザーとグループ] を選択します。
  2. [非認証アクセス] タブで [追加] をクリックします。
  3. [認証されていないユーザーの追加] ウィザードで、1 つ以上の検索条件を選択します。[検索] をクリックして、検索条件に基づいてユーザーを検索します。
    ユーザーには有効な UPN が必要です。
  4. ユーザーを選択し、[次へ] をクリックします。
    複数のユーザーを追加するには、この手順を繰り返します。
  5. (オプション) ユーザー エイリアスを入力します。
    デフォルトのユーザー エイリアスは、Active Directory アカウントに設定されたユーザー名です。エンド ユーザーは、ユーザー エイリアスを使用して Horizon Client から接続サーバ インスタンスにログインできます。
  6. (オプション) ユーザーの詳細を確認して、コメントを追加します。
  7. [終了] をクリックします。

結果

接続サーバが非認証アクセス ユーザーを作成し、ユーザー エイリアス、ユーザー名、氏名、ソース ポッドの数、アプリケーションの資格、セッションなどのユーザーの詳細を表示します。[ソース ポッド] 列の数字をクリックすると、ポッドの情報が表示されます。

次のタスク

接続サーバでのユーザーの非認証アクセスを有効にします。ユーザーの非認証アクセスの有効化を参照してください。